SYOHEI

クリード チャンプを継ぐ男のSYOHEIのレビュー・感想・評価

5.0
自らの出生、アイデンティティに悩み若者の青春モノであり、果たせなかった擬似父子の物語でもある。(スタローンの実子が亡くなっていること想起されよけい泣ける。)お互いが刺激を受け合いながら、ロッキーの「新たな敵」とも共闘していく様がまたいい。乗り越えるべき父、運命と闘う若者の青春譚としても素晴らしいだけに、これ「ロッキー」の威を借りなくてもよかったのでは?と頭をかすめるが、これは間違いなく「ロッキー」で、その魂を継いだ作品だった。
悪くない、全然悪くない。 いや、ズルいくらいに傑作。