ウォーボーイズ

クリード チャンプを継ぐ男のウォーボーイズのレビュー・感想・評価

5.0
2016年一発目に観た映画として最高でした!

前作、ロッキーザファイナルで主人公ロッキーバルボアの物語は終了しました。
今作は完全にアドニスクリードが主人公の作品です。

かつてのライバルであり親友のアポロの忘れ形見をサポートするロッキーの姿は、過去作を知っているほど感慨深くなりました。

中盤のランニングシーンは、ロッキーシリーズとしてはお約束の場面でしたが、アドニスのパーカースタイルや並走する街の人々など、過去作を意識したオマージュを感じさせます。

本当に名場面が多い作品です。特に終盤の試合シーンでの、あの曲がかかるタイミング、ロッキーとアドニスの会話に思わず泣いてしまいました…

その後、シリーズ定番のあの場所が舞台になるラストシーンも良かったです!


…でも、今作のスタローンの体を張った老け込み演技は、撮影後に果たして次回作エクスペンダブルズに出演できる肉体まで再び戻せるのか?と不安になりました。