ナリ

クリード チャンプを継ぐ男のナリのレビュー・感想・評価

4.0
女ですが、かなり泣きました。

人間らしく強く生きてきたロッキーを見てきたこちらとしては、ロッキーがひどく衰弱していく描写はとても信じ難く、悲しい。
また、スタローンの映画界からの離脱と、いつかは訪れてしまう"死"を連想させるような印象を受けました。だから余計にそれが悲しく、泣けてしまいます。

ロッキーシリーズを見ていなくても、
ロッキーがどんな人物で、いかにたくさんの人に愛されていたキャラクターであるかが自然と感じ取れる丁寧な作りになっています。
スタローン自身のことはあまりよく知りませんが、なんとなく、スタローンはロッキーみたいな人なんだろうなと思わせるほど。
シリーズスタートから40年も同じ役を演じてきました。ロッキーはスタローンであり、スタローンはロッキーなんですね。

ロッキー2の、ランニング中に大勢の子供達が走ってついてくるシーンは有名ですが、
クリードでは不良たちがバイクを走らせてウィリーしながらアドニスを追い抜いていくという予想外の展開で、見ていてとっても楽しくなりました。

ロッキーシリーズの吹き替えがすきだったのでソフトが出たら吹き替えでも見てみたいです。