岡田ゴズリング

クリード チャンプを継ぐ男の岡田ゴズリングのレビュー・感想・評価

4.0
渋谷とーてーにて。
スタローンは本当にえらい。筋肉アクション俳優が晩年には演技派に転身したり、文芸映画に移籍したりする流れには乗らず、きちんと筋肉とエンターテイメントにこだわり続ける。デニーロと殴り合うリベンジマッチも、大味アクションバレットも、シュワちゃんとのイチャつきが記憶に新しい大脱出もおれは大好き最高さ!!
しかし、その中でも本作はちょっと突出するくらいよく、グッとくる。だってアポロの息子をロッキーが育てるのだから、涙で目が溶ける5秒前だ。シリーズファンで未見の友人と酒の席でこの話をしたら長々とロッキーに対する熱い話を語ってくれた。やはり、みんな好きなんだなあ。
劇場版501でもやる気のないAV女優にビーバップみのる監督がロッキーを見せ、彼女の意識改革をはかろうとするが、しかし彼女の胸には届かない。ロッキーが胸に響かない人間も、どうやら世の中にはいるらしい。良い悪いではなく、本シリーズは何かをはかるモノサシのようなもの。
劇中、ナイキのジョーダン8(多分ちがうかな?)を主演のマイケルBジョーダンという俳優が履いていた。だからこいつ、もしかしてマイケルジョーダンの子どもか?とワクワクしたのだが、全く関係なく、ただのクロニクルに出てくるぶち殺される生徒会長だったことが判明した。
ぶちあがり必須!!