R

クリード チャンプを継ぐ男のRのレビュー・感想・評価

5.0
TOHOシネマズ流山おおたかの森にて1人で鑑賞。


かつてロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン「ランボー」)と死闘を繰り広げたアポロ・クリード(カール・ウェザース)。彼には隠し子がいた。
彼の名はアドニス(マイケル・B・ジョーダン「クロニクル」「フルートベール駅で」)。仕事を辞め、プロボクサーの道にて進むことを決めたアドニスはやがてロッキーに会い、自分のトレーナーになってほしいの頼み込む。


※ある意味ネタバレしてます



あかん…あかんて…
これは…

まさに…傑作!!

「君はいい子」に続いて涙枯れるやら「セッション」に引き続いて心は燃え尽きるほどヒート!!

2015年度ベスト級はもう確定。
下手したら「スターウォーズ フォースの覚醒」を超える。うん。
つか、個人的には超えたわ。

なにから語れば良いのか、まだ判別がつかないから…これだけは言おう。


今すぐ劇場に行け!!
そしてこの新たな伝説をこの目に焼きつけろ!!

そうすれば、最高の後味と共に拳を突き上げ、帰り道は人に見られないように肩を切らせながらシャドーボクシングをしていることだろう。


最高!!マジ最高!!

スタローンありがとう!!


うおおおおおおおおおお!!!!!!