Kurita

クリード チャンプを継ぐ男のKuritaのレビュー・感想・評価

4.1
名作あまり見てない自分なのでロッキー見てなかったのですが、今週末一気に公開規模が少なくなってしまう前に滑り込みで。
結果、スクリーンが見えなくなるくらいにボロ泣きでした。

主人公の境遇がロッキーとはまるで逆になっているのを全編ずっと引っかかっていたのですが、打ちのめされたクリードが口にする告白を聞いたときに、あのテーマ曲が流れ出す時に、たまらず爆発。
ラストは自分でも知っているあの場所で、ピアノであの曲を奏でる中で、
ロッキーとクリードがふたりで、階段を登りきって街を眺める。
ここでまた爆発です。素晴らしい。

振りかえってみれば試合は2試合しかしてないのですが、1試合目には驚きのワンカットで臨場感を焼き付けてから、2試合目にテレビ的なカットを入れて一気に世界が広がってることを見せつける手際のよさ。
劇中での音楽の使い方がことごとくスマートでカッコイイことにも痺れました。

誰が見ても掛け値なしの傑作。
しかもロッキーシリーズを見てみたくなる入り口にもなり得るのだからすごいです。