YOSUKE

クリード チャンプを継ぐ男のYOSUKEのレビュー・感想・評価

5.0
2016年、最初の劇場作品。

ロッキーファンの人。
観たことない人。

とにかく劇場で観よう。
ロッキーとアポロ。
アドニスは二人のチャンピオンを見事に受け継いだ。

定番のトレーニングと試合のシーンは、ずっと拳を握ってた。
身体も動いてたかもしれない。
10カウントも数えた。

でも、ただ熱いだけじゃない。
合間に織り成すアドニスとロッキーの師弟関係。
伝説の父親と比べられる葛藤。
子供時代からの孤独。
様々な想いや苦しみが物語に厚みをもたらしていた。

ロッキーの名に頼らず、見事な作品に昇華された。
チャンピオンを、作品を、その魂を受け継いだ。

刺激になるし、得たものもある。
実りある1本。