まっどしーがる

クリード チャンプを継ぐ男のまっどしーがるのレビュー・感想・評価

4.0
『ロッキー』1作目が1976年の作品。『スターウオーズ』1作目は1977年の作品。ほぼ同じ時期にスタートした2つの映画シリーズは、偶然にも昨年ほぼ同じ時期に7作目が公開されると言うシンクロをみせた。

しかもどちらも世代交代の物語。過ぎた時間が同じだからしょうがないかもしれないが、それまでの製作のペースはそれぞれ違うのに同じ時期にどちらも7作目が公開されるのが面白い。

感想としては面白かった。試合展開、試合中のカメラワークとも迫力があり、1作目に対するオマージュもあり、旧作のファンも楽しめる。でもお馴染みのロッキーのテーマ曲はちらっとしか使われていなかった。

果たしてクリード2は作られるのだろうか?