なっちゅ軍曹

クリード チャンプを継ぐ男のなっちゅ軍曹のレビュー・感想・評価

4.2
前作『ロッキー・ザ・ファイナル』が予想外の大傑作であっただけに「有終の美を飾るでいいじゃないか」「ロッキーがトレーナー? 『ロッキー5』の二の舞になるんじゃないか」という不安があったが、蓋を開けてみたら、これが前作に迫るほどの大傑作だった。王道的な物語が心地よく、若者の成長だけでなく老齢と化したロッキーの成長も描き、弟子は師匠に鍛えられ、師匠は弟子から学ぶ、という師弟愛のバランスが素晴らしい。そこに目が覚めるような熱いメッセージが詰め込まれ、腑抜けた自分に喝を入れてくれる。この情熱で殴られたかのような衝撃。そうだ、これこそがロッキーだ。スピンオフ作品だけど、これは間違いなくロッキーだ。演出面でも、中盤の試合は、まるでノーカットのような編集で緊張感がただ事では無く、映画史に残るレベルの名演出であった。やはりロッキーは良い。過去作も観返したくなった。