クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:137分
    監督
    ライアン・クーグラー
    脚本
    ライアン・クーグラー
    キャスト
    マイケル・B・ジョーダン
    シルヴェスター・スタローン
    テッサ・トンプソン
    グレアム・マクタヴィッシュ
    ルイス・ガスマン
    ウッド・ハリス
    フィリシア・ラシャド
    リッチー・コスター
    あらすじ
    永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

    「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

    アポロの息子がロッキーに教えを乞うというだけで熱いのに、血筋を越えた親子の繋がり、名前を継ぐことの不幸や重圧、抑えきれない闘争本能など様々な要素が込められ、それでいてロッキーのシリーズとしても単体の師弟物語としても非の打ち所がない。爆泣き。

    試合シーンは臨場感と言うより最早スペクタクル。主演マイケル・B・ジョーダンがとても良い。そしてスタローンがあまりに素晴らしくて泣く。『エクスペンダブルズ』ではタフなマッチョぶりを見せておきながら、すっかり老人となったロッキーが確かにそこにいる。凄い。

    ロッキー全作をちゃんと踏まえた上で新たな物語を紡いでいるのが本当に素晴らしくて、シリーズ名シーンのなぞり方や過去からの繋がりには敬意さえ感じる。音楽もとても良い。魂を受け継ぐ作品ですよ。
    Yagi
    4.0
    ・アポロの息子アドニス、ボクシング界へ
    ・クリードの名を背負うことの葛藤
    ・ラストは米英決戦
    ・伝統の星条旗トランクス
    ・控室からリングまでの長回しや、セコンド陣の描写が臨場感を増す
    ・ステーキサンド
    ・次作はドラゴの血縁登場?
    「最高」以外の言葉が見つからない、全ての要素がアツく詰まっている作品。

    「今日が全てだ明日はない」は最高の名言。
    さと
    3.8
    本物のボクサーが出てる。
    ボクシング映画はストーリーがわざとらしくてもなぜか感動するし、マイケルジョーダンがかっこよかった!
    ボクサーなのに不良じゃないのもマイケルジョーダンに合ってたし良かったと思う。
    ロッキーとクリードの絆の美しさたるや…。
    闘う熱い男はカッコええなー!
    ロッキーは1作目と2作目しか見たことがないですが、知らなくても十分楽しめるし、知っているとなおよくわかる映画。
    最後のボクシングのシーンは感動的だし、そこに至るまでのストーリーも良く出来てる。
    胸熱くなるわ〜〜

    ロッキーシリーズがそもそも好きで1.2.3は結構名作だと思ってる

    やはり男たるもの
    戦う姿には心が震えますな。

    名作っす!おす!
    める
    4.0
    友達に勧められて観ましたが、予想を超えた感動!熱いですね〜
    ますと
    4.5
    ロッキーの魂も物語も継ぐ素晴らしい映画でした。かなり涙腺崩壊ものです。
    ロッキーからクリードまで約40年。この年月を感じながら観るのと、クリードから初めて観るのとでは厚みが変わって当たり前。

    ロッキー当時の世代では無いにしろ、初見から30年経っていれば語ってもいいのでは無いでしょうか。

    イタリアの種馬と言われたロッキーの老年がちょっと弱気で人のいい老後になっていたのは個人的には嬉しかった。

    どうしてもクリード目線よりはロッキー目線で見てしまう。ちょっと重鈍でお馬鹿な雰囲気さえ漂わせた若きロッキーよりも、クリードは繊細で洗練されている。でも優しさの面では何処か共通点を感じてしまう。戦闘のシーンよりもちょっとした人柄のシーンに感動。

    近所の悪達を引き連れてのシーンや、待ちに待ったロッキーのテーマが流れたシーンでは思わずにやり。

    一歩づつ、一発づつ。お気に入りのフィラデルフィア美術館の階段を登るロッキーの足取りは、クリードの躍動感のある一歩とは対照的に重い。けど、それもまた人生。ロッキーの悪く無い人生に感涙。
    >|