クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:137分
    監督
    ライアン・クーグラー
    脚本
    ライアン・クーグラー
    キャスト
    マイケル・B・ジョーダン
    シルヴェスター・スタローン
    テッサ・トンプソン
    グレアム・マクタヴィッシュ
    ルイス・ガスマン
    ウッド・ハリス
    フィリシア・ラシャド
    リッチー・コスター
    あらすじ
    永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

    「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2016/01/17
    5.0
    アポロの息子がロッキーに教えを乞うというだけで熱いのに、血筋を越えた親子の繋がり、名前を継ぐことの不幸や重圧、抑えきれない闘争本能など様々な要素が込められ、それでいてロッキーのシリーズとしても単体の師弟物語としても非の打ち所がない。爆泣き。

    試合シーンは臨場感と言うより最早スペクタクル。主演マイケル・B・ジョーダンがとても良い。そしてスタローンがあまりに素晴らしくて泣く。『エクスペンダブルズ』ではタフなマッチョぶりを見せておきながら、すっかり老人となったロッキーが確かにそこにいる。凄い。

    ロッキー全作をちゃんと踏まえた上で新たな物語を紡いでいるのが本当に素晴らしくて、シリーズ名シーンのなぞり方や過去からの繋がりには敬意さえ感じる。音楽もとても良い。魂を受け継ぐ作品ですよ。
    暇なOL
    暇なOLの感想・レビュー
    8時間
    4.4
    圧倒的にカッコイイスポーツ根性映画。映画館で観終えた時は、会場の7,8割以上を占めていた男性達が鼻を啜っていた。

    シリーズもの・人気作だけあって、新しい主人公に難色を示すファンもいただろう。しかし本作の主人公・クリードは年老いてしまったロッキーの後継者として、不自然なく「世代交代」を見事に演じきった。監督もまた当時20代の若く才気溢れる新進気鋭。今の若者たちが、ロッキーに敬意を表しながら新しく自分たちの色を付けくわえていく。監督も、クリード演じるマイケルも、出演者たちも。その作品への愛が伝わってきたからこそ、ここまでの良作に仕上がったのだ。
    若い視聴者の心を置いてけぼりにしないよう配慮された iphoneの「クラウド」、Youtubeの登場。
    また、フォルムの抜群な黒人男性(抜群のスタイルの良さは黒人スポーツ選手の強いアドバンテージだと思う)の体型を映えさせるトレーニングウェア。やんちゃだが、品があり賢そうな顔立のクリードの洗練された見た目も、本作が野暮ったくならないような良采配だった。
    圧倒的な臨場感を生み出す長回し。重量を感じさせるミットの音。ハイになる以外選択肢のないサウンドトラック。

    控室から緊張がボルテージまで上がりきり、多くの歓声が大きくなる中、クリードは闘いへ向かう。曲のチョイスからライトやスモークの演出まで本当に今風でスタイリッシュ。ラストまで続く格好よさと臨場感、迫力は文句のつけようのない満点。
    ストーリーが複雑でなかったのも却ってよかったのかもしれない。とにかく魅せる二時間だった。
    まぐまぐ
    まぐまぐの感想・レビュー
    9時間
    -
    ʕ•ᴥ•ʔ
    YuzenTsujimura
    YuzenTsujimuraの感想・レビュー
    21時間
    4.0
    「踏み込め!」
    芯が通ってるやつはかっこいいなぁ
    ZukielSkywalker
    ZukielSkywalkerの感想・レビュー
    1日
    5.0
    これは避けられない闘いを背負った2人の男たちの物語。

    1人はかつてのチャンプの息子であり、そのチャンプである父を自分の努力で超えるために現チャンプに闘いを挑む男、アドニス。

    そしてそのサイドにつくのはかつてのチャンプ、アポロと数々の死闘を繰り広げた伝説のボクサー、ロッキー。

    しかし彼もまた避けられない闘いを抱えていたのだった…。

    今まで辛かった事、悲しかった事、全てをぶつけてアドニスがロッキーの魂を、そしてチャンプを継ぐ者としてクリードの名を背負い、自分の「運命」と闘う姿は、まさに漢の鏡です!!

    かつてロッキーが映画『ROCKY THE FINAL』で言っていたこの台詞↓

    『人生はどんなパンチよりも重くお前を打ち負かす。だが人生とはお前がどれだけ強く殴り返すかじゃない。どれだけきついパンチを打たれても、休まずに前に進み続けられるかだ。』

    が、現チャンプ戦の最終ラウンドのシーンで勝手に頭の中でフラッシュバックして涙が止まりませんでした。。涙

    ファイト系の映画でここまで泣けてアツくなれる作品はそうそう無いと思います!!
    はまだい
    はまだいの感想・レビュー
    1日
    -
    日々のトレーニングを欠かさないこと。
    トレーニングは何処でも出来る。

    良きメンターに出会うこと。
    TD
    TDの感想・レビュー
    1日
    4.2
    シーンの絵面、音楽、セリフ(特にロッキーの)が素晴らしい。要所で使われる長回しも物語の緊張感を高めるのに非常に効果的な演出になっている。
    何より魅力的なのはスタローン演じるロッキー。演技と思えないほどの人柄が滲み出る実在感は感動的。ほんの些細な所作にまで、何十年もロッキーを演じてきた「味」が感じ取れる。
    アドニスが強くなるプロセスが物足りないのは残念。
    井出アリヒサ
    井出アリヒサの感想・レビュー
    2日
    3.8
    ボクシングが題材ということ以外の情報なしで鑑賞。
    こんな設定、胸が熱くならないはずがない!
    そして歳を重ねたスタローンがこんなに味があるなんて!

    試合シーンのリアリティは置いといて臨場感はものすごい。圧巻のカメラワークです。
    で、クライマックスでかかる音楽の演出、ズルすぎ。さぶいぼ勃起してしまいました。
    すみす
    すみすの感想・レビュー
    3日
    4.0
    WE LOVE SLY
    >|