クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと…

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

アポロの息子がロッキーに教えを乞うというだけで熱いのに、血筋を越えた親子の繋がり、名前を継ぐことの不幸や重圧、抑えきれない闘争本能など様々な要素が込められ、それでいてロッキーのシリーズとしても単体の師弟物語としても非の打ち所がない。爆泣き。

試合シーンは臨場感と言うより最早スペクタクル。主演マイケル・B・ジョーダンがとても良い。そしてスタローンがあまりに素晴らしくて泣く。『エクスペンダブルズ』ではタフなマッチョぶりを見せておきながら、すっかり老人となったロッキーが確かにそこにいる。凄い。

ロッキー全作をちゃんと踏まえた上で新たな物語を紡いでいるのが本当に素晴らしくて、シリーズ名シーンのなぞり方や過去からの繋がりには敬意さえ感じる。音楽もとても良い。魂を受け継ぐ作品ですよ。
赤足

赤足の感想・評価

3.5
ロッキーのライバルであったアポロ・クリードの息子のアドニスのトレナーにロッキーがつき新たなロッキー伝説が始動。

老いたロッキーだが、言葉には重みが増してかつてチャンプであった存在感なども健在かと思われたが、寄る年波には勝てぬと病気に倒れ諦めようとした際、アドニスがロッキーを父のようにしたい一緒に闘おうといったシーンは印象的でアドニスも父アポロの悩みや過去の葛藤と闘う時などロッキーの助言等が彼を助け成長する姿は若き日のロッキーを見てるかのようであった。流れ的にロッキーセオリーはあり少し退屈になるかと思うが、最後の試合は本当に熱くなり、アポロの名をそしてロッキーの魂を受け継ぐ男を見るだろう。
ロッキーを避けて来たけど、全部観ないとな!
HaDoSon

HaDoSonの感想・評価

3.3
主人公ドニーが伝説のボクサーロッキーの指導の元、不敗のチャンピオンリッキーに立ち向かう物語。

過去のロッキー作品未鑑賞でも俺は楽しめました。純粋にボクシングのシーンでは男なら熱くなれるものがあり興奮しました。ただ心情面をもっと丁寧に描いてほしかった。。 https://t.co/dlCOrwSbhf
倉桜

倉桜の感想・評価

5.0
記録
2018年映画38本目
エイドリアーンヌが聴けないので0.1減点。
生卵飲まなくても強い
>|