クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと…

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

センガ

センガの感想・評価

3.3
ストーリー展開がほぼロッキーの1作目と同じ様に感じた。決して悪い意味ではなく、むしろいい意味で安定した作品だと思った。

欲を言えばこれだけ続いた作品なのだから、シリーズ全てを観た人が「おっ!」と思う様なシーンがもう少しあっても良かったかな。
テツ

テツの感想・評価

3.7
鍛えたくなる
1発、K.O。
蛇足でしょ?と嘗めてかかったらカウンター食らって泣かされる(T-T)

ロッキーからクリードへ。
リングに立つ男は変わったけど、ロッキーシリーズの良さは変わらなかった。
物語は王道で先が読める展開が多いけど、それを期待通りに、それ以上の熱量で盛り上げていく。
強い信念を持ってトレーニングを重ね、万全の状態でチャンプに挑んでいく。そんな、シリーズの伝統はしっかり踏襲され、最高の緊張感で試合を楽しませてくれました。本当に鳥肌ものです!

そして、このクリードも2作目の公開が決定しています。
本作はロッキーシリーズを抑えて、より楽しめる作品でしたが、クリード2は本作だけで充分だと良いですね。
今から非常に楽しみです(^-^)
gp

gpの感想・評価

3.8
色々ずるい
ロッキーほど応援したいと思えない
ストーリーとしてはありがちだけど、意外と感動するところもあってよかった。あたりまえだけど、スタローンも相当老けたなぁ。。
次回作マジで見てえーーー!
toshi

toshiの感想・評価

3.6
一人でアマゾンプライム鑑賞。

あまり期待せずに見る映画です。
後で見返すと結構B級な映画です。

分かりやすいし、予測しやすいし、
お金もさほどかけてなさそうだし・・・。

でも、ロッキー1~5があるから
この作品がさらに光る。

そういう映画です。

主人公のキャラのギャップが良い。〇
ロッキーも戦う、というシーンが良い。〇

仕方ないがロッキーシリーズを見ていないと
意味不明な映画だと思います。△
新シリーズ序章としては上出来
むぎ

むぎの感想・評価

3.6
ブラックパンサーのキルモンガーが痺れるほど格好良かったので、マイケル・B・ジョーダン目当てで鑑賞。

ロッキーシリーズは完全に未視聴だが、アドニスの生い立ちや年老いたロッキーの現状などにも焦点を当てていて、わからなくても充分補完できて楽しめる作りになっていて良い。

ただの感動のサクセスストーリーだと思って観ていると、所々こちらの心を揺さ振ってくる場面があって、気持ちをグッと持っていかれる。
留置所でロッキーに父親を許してやれと言われて涙を零すアドニスとか、最後の試合で何を証明するんだとロッキーに問われてのアドニスの台詞とか。
マイケル・B・ジョーダンは良い役者だなぁと感心しつつ、それを引き出しているシルヴェスター・スタローンの凄さに唸ってしまう。

この監督は安定した作りで役者を光らせてくるから好きだなあ。
クリードが這い上がっていく姿に感動した。俺も強くなろう。
>|