クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

センガ

センガの感想・評価

3.3
ストーリー展開がほぼロッキーの1作目と同じ様に感じた。決して悪い意味ではなく、むしろいい意味で安定した作品だと思った。

欲を言えばこれだけ続いた作品なのだから、シリーズ全てを観た人が「おっ!」と思う様なシーンがもう少しあっても良かったかな。
yusuke

yusukeの感想・評価

4.2
ロッキー同様ただのボクシング映画ではないのでバトル系?映画苦手な人にも是非観てほしい!続編が楽しみな一本です。
Souma

Soumaの感想・評価

4.0
『鏡の中の自分に勝つんだ』

ロッキーシリーズは実は1作も鑑賞したことないんだけど
「炎の宿敵」の試写会が当たったので
せっかくなので前作だけでも予習をと思い鑑賞。


やはりシリーズを観てると過去の経緯もわかるから
もっと楽しめるんだろうなと思うけど
シリーズを観てなくても十分楽しめる脚本であり
かつ、ロッキーの過去のストーリーで無駄に尺を取るようなことがなかったという点は本当に良かった。

偉大なボクサーアポロを父に持つアドニス(マイケル・B・ジョーダン)の
ボクシングを通して成長する様を描いてるが
ボクシング以外にも
両親への葛藤やロッキーやビアンカとの関係など
いろいろな要素がこれでもかと詰まっていて熱い展開の連続。

若干詰め込みすぎかと思ったけど
テンポもよく
中途半端な要素も少なかったので終わるのもあっという間だった。
なによりラストの展開には驚かされたね。
ただのサクセスストーリーのような
チープな脚本ではないので見応えがあり
最近でここまで泥臭いスポ根映画も少ないよね。

ボクシングも現実じゃありえなんだろうけど
演出重視の殴り合いはかなり迫力あって良かった!

続編にも期待♪
ゆえ

ゆえの感想・評価

3.7
ロッキーシリーズは未観賞。試合は臨場感があって良かった、特にクライマックスの試合は映画ということを忘れて応援した。ロッキーのテーマが流れたところではぐっと来た!
nam

namの感想・評価

4.3
「アドニス・クリードの新たな伝説の始まり」

クリードⅡに向けて7作予習のラスト。
素晴らしかったですねー

ロッキーシリーズの続編というよりも、世界観は踏襲しつつも新しいアドニス・クリードの新たな物語の第1章でした。
アポロの息子であるアドニス・クリードは幼少期に父が伝説チャンピオンと知りつつ、働いていた会社を辞めてまでボクサーになる決意をし、父の盟友であるロッキーに師事を頼む。

まず序盤でのアドニスの何不自由ない暮らしにも関わらずボクサーを志すシーンで、過去の父の試合のYoutubeを観て、思わず重ねつつシャドーボクシングをしてしまうシーンが素晴らしかったです。
会った事もない父への尊敬や憧れや抑えきれない闘争本能などこのシーン一発で理解させる素晴らしい演出でした。

そしてストーリーもアドニスの父の名を背負う事へのプレッシャーや挑戦する事への葛藤や焦りと様々な複雑な要素をマイケルBジョーダンが上手く演じてました。

またシリーズを観てきた人に対してのロッキーの師としての葛藤を想像されてしまいまた良かったです。あれだけのボクサーがトレーナーとしての人生を歩んでなかったのがトミーで失敗した過去があったからなのか。それでも引き受けたのはアポロの死の責任を感じてしまっているのか等
ロッキーの目線でも共感ができて楽しめます。

いざ試合を受けるシーンも普通のトレーナーならキャリアのない段階では止めそうなものですが、ロッキー自身がチャンスをもらってきた過去と重なり、こういった決断になるんだろうと想像してしまいました。

それ以外にもセリフや細かい演出にファンが楽しめる要素を散りばめつつ新たな要素も交えつつ作品を作り上げたライアン・クーグラー監督の演出は素晴らしいの一言です。

クーグラー監督が思いついた本作品の脚本をスタローンに直に提案をした所、そんな映画も撮った事のないような若者の二次創作のようなものだったにも関わらず、スタローンがGOサインを出したのは彼自身が若き日に売れない役者だった時に自身で書いたロッキーの脚本をきっかけに売れたから、クーグラーにもそんな自分の姿を重ねてチャンスを与えたのではないかと想像するともう堪りません。

そんなクーグラー監督の演出はとてもカッコいい画作りや音楽の使い方、そして試合シーンでのワンカットの長回しなどオリジナリティのある演出も出しつつ、ラストにはきっちりメインテーマをいいタイミングで流したりとさすがでした。

スポーツの師弟ものとして今までのシリーズを観てなくても楽しめますが、ロッキーシリーズを観てると何倍も想像できて楽しい作品でした。

ブラックパンサーをの監督を務めるために監督は変わってしまうのだけは残念ですが、クリードⅡが楽しみですねー
父の仇との試合ってだけでもうたまりません!
男がパンツを受け継ぐ映画で泣くはずないと思うよね。泣くんだなぁこれが。
かぼす

かぼすの感想・評価

3.8
夢は登っていく過程が一番面白い。そのおいしいところを見せてくれる映画。正直ロッキーのあれこれはいらなかったと思うし、コンランの試合スタイルのが好みだったけど。ロッキーのテーマ流れたらめっちゃテンション上がる!面白かったです!
バイクと走るシーン、ロッキーと一緒に階段を登るシーンがすごく好き。

試合の臨場感はシリーズトップクラスで超熱い😇
>|