クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと…

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

センガ

センガの感想・評価

3.3
ストーリー展開がほぼロッキーの1作目と同じ様に感じた。決して悪い意味ではなく、むしろいい意味で安定した作品だと思った。

欲を言えばこれだけ続いた作品なのだから、シリーズ全てを観た人が「おっ!」と思う様なシーンがもう少しあっても良かったかな。
depon

deponの感想・評価

4.0
ひとりぼっちのロッキーに泣ける😭
apple

appleの感想・評価

4.6
『最後までやらせてくれ、俺は証明したいんだ!』

『なにを証明したいんだ?』

『俺は”過ち“じゃないんだ』

半世紀近く続く、「ロッキー」シリーズ。
その最新作は傑作です!!

演技力を50年間、酷評され続けたスタローン、老いでハリウッドから干されても、役者や監督として挑戦し続け、この年のアカデミー賞にノミネートされただけの価値があります!

この「ロッキー」シリーズが、希望で夢そのもの!

ありがとう!!!!!!
ake

akeの感想・評価

3.5
アドニスが。というより、
マイケル・B・ジョーダンがかっこいい。

ロッキーは
ロッキーとスタローンがかっこいい感じ。

アポロの息子をロッキーが育てるという設定が熱い。

テッサ・トンプソンをどこで見たか忘れていたけど、ラグナロクのヴァルキリーだった。魅力的。
ロッキーシリーズちゃんと見た事なかったけど、かなり楽しめる一本だった。
筋肉キレッキレで眼福でした。
shoko

shokoの感想・評価

4.4
ブラックパンサーを観たあと鑑賞したんだけど、この監督、そして演者、ストーリーぜんぶ繋がって最高〜〜
オンチ

オンチの感想・評価

3.8
ロッキー一切観たことないけど面白かった。
こういう映画見て何度ボクシングに憧れたことか
2MO

2MOの感想・評価

3.5
固く握り締めた拳がリズミカルに、ミットを打ち鳴らす音はフィリー・ヒップホップと混ざり合い、この新たな変奏曲はラスト、ついに流されるあの旋律をもって巨星を継ぐ褐色のライジングスターは誕生する。
すでに歴史が過ぎ去った時代に生まれた、何者でもない、到底、何者にもなれっこない者たちの、それでも限りある生に燃やし尽くしたい“ホンモノ”の情熱をその肉体に宿して。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

4.6
ドニーの父親は有名なヘビー級ボクシングチャンピオン、アポロ・クリード。クリードはドニーが生まれてくる前に亡くなっており、アポロの正妻のメアリー・アンに引き取られ何不自由ない生活を送っていた。だが、過去の試合を見ることにより、ボクサーになりたいとより強く願い、勤めてた会社を辞め、アポロのライバルだったロッキーの元を尋ねる。トレーナーになってくれというドニーの願いを一旦断るものの、彼の真摯な姿勢により、ロッキーはトレーナーになる。クリードの名を隠したがメディアにばれ、不敗のチャンピオン、イギリス出身のコンランがドニーを対戦相手として指名するが、、、。

名シリーズのロッキーの続編は主役はロッキーのライバル、アポロ・クリードの息子。ここまで長ーく作ってくれて、ファンにとってこの上ない事なのかなと思います。

夢、父と息子、師弟、伝説、七光り、栄光、衝突、そして挑戦といったあらゆる場面を見れて、ドニー演じるマイケル・B・ジョーダンに魅了されました。父の名を背負う事への不満。シルベスター・スタローンが演じるロッキーはどう変えれるか。

最高なスポーツ、情熱、男の作品。シルベスター・スタローンのコーチ感が良い!最高のコーチです。おじいちゃんっぷりもいいです。クラウド?。なんかほっこりします。

最初の試合の長回しは臨場感があって審判目線で観れる本作の魅力ポイントでした。最近のカメラを止めるなの影響で長回しには気合入れて見ちゃいます。トレーニングシーンはテンポが良く、バイク軍団とのランニングシーンは凄いクールでした。

次回作はドラゴの息子との対戦。壮絶なドラマになりそうです。
>|