クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価・動画配信

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

タノ

タノの感想・評価

3.4
かなり、無理やりな展開ですが、ここまで、登り詰める精神が良かった。
スポーツ映画の作りはアメリカ上手いなあ
YoshiMia

YoshiMiaの感想・評価

4.0
初老のロッキー
たまご生ちゃうやん、焼いてるw

ロッキーの宿敵であった、アポロの子供が
父の影を追ってボクサーとなり
ロッキーにコーチングしてもらいながら強くなるお話


ボクシングシーンの迫力ったら!
経験者ばかりなんでしょうね、臨場感が凄くって息を止めて見ていました。



アドニスが教養もあって、馬鹿じゃなくって
ロッキーも冷静寛容で…
っていう試合以外の部分が

ただ単に野生的なボクシング映画に成り下がらず良かった。




愛人の子供を引き取った奥様も素敵。♡

探しにいった施設で暴れ狂ってるあの姿みたら
私なら越し腰抜かして帰ってまいそうやけどw

まぁフィクションなんだけど
胸熱展開でした(*^^*)



フィラデルフィアの治安やばすぎ
ロッキー世代には楽しい。ロッキー3、4あたりを思い出しながら観た。
たす

たすの感想・評価

4.0
主人公のアドニスは、生まれる前に亡くなった父親と愛人の間に生まれた子。父親はロッキーと死闘を繰り広げたあのアポロ。その血は受け継ぎつつも世間には認められず、世間体を気にするように義母のもとで暮らしていた。しかしずっとうちに秘めていたボクシングに生きることをついに決意し、家を出てロッキーの教えを乞う。

名作の続編やスピンオフは当たり外れが激しいけど、本作は完全に当たり!変に過去作品を意識した安っぽさはなく、でもしっかり良さを残している、とてもよくできた作品だった。

アドニスはボクサーとしてのポテンシャルがあり、生まれなどの話題性も相まってとんとん拍子で有名になる。この勢いのままチャンピオンを倒してしまうのか?!と思ったけど、さすがにあと一歩及ばずという決着だった。ここで勝ってしまっていたら上手くできすぎていただろうし、今後ののびしろを考えると良い結末だったと思う。それにしても待ちに待ったあの"ロッキーのテーマ"を最後に流すあたりはかなり憎い!

印象的なシーンは最後、アドニスとロッキーが階段を一緒に登って街を見下ろすシーン。ロッキーはこれまでのボクサー人生を振り返り、アドニスはこれからのボクサー人生を思い描いているように見えた。

「愛している。何も恨んでいない。クリードを誇りに想う。」自分の生い立ちや過去をすべて受け入れたクリードは、これからもっと強くなるんだろうな!
まだ映画を一本も撮ったことのない無名時代のRyan Cooglerが、秘かに温めていた企画を、まさにロッキーの如き見事に実現化させたアメリカン・ドリームな作品。

現実の世ではフィラデルフィア美術館の前の階段は"The Rocky Steps"という称号がつき、その傍らにはロッキーの銅像も鎮座し、いわゆる聖地巡礼の場として世界中からファンが集まるフィラデルフィア屈指の観光地と化しているのだが…

その現実世界と、"Rocky"という映画の世界が、
見事に混ざり合ってシンクロするのと同時に、互いに補完し合いながら、うまい具合にクロスオーバーさせていくという作りがもう最高!!

1951年4月19日にアメリカ陸軍元帥のDouglas MacArthurが行った退任演説"Old soldiers never die; They just fade away"「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」という有名な言葉があるが、オレが学生の時にバイトしていたラーメン屋さんにいた古株のバイトおじさんが、事ある毎にこのパンチラインを飛ばしていたのをロッキーを見て思い出す…。

オレが学校帰りに出勤して、そのオジサンは早番で朝から働いていてオレと入れ替わりで退勤する時に、挨拶かの如く必ず言っていた…。オレが19歳とか20歳くらいで、いうてもその人はまだ50代前半とかだったと思うけど…

なんかそのオジサンと本作のロッキーから出る哀愁が似てるんだよなぁ…ロッキーは世界チャンピオンまで取ったけど、そのオジサンは玩具業界でヒット商品を作ったけど、上と衝突して左遷させられて…それでラーメン業界という全く異業種で働き続ける。はぁ…あのオジサンにクリード見て欲しいなぁ。

老兵となったロッキーが亡き妻エイドリアンを屋号にしたイタリアンレストランで働いているのもいいよねぇ…飲食店って客として訪れる方はね、すごい楽しいんだけど…受け入れる側はね、これやったことがないと分からないと思うけど、もう毎日毎日ほんと大変。毎日足りないものをチェックして、それを発注なり買い物して…それをホントにジジイになったロッキーがやってるのを見てるだけで、泣けてくる。

車から仕入れた商品を運ぶのも大変そうなほど老いてしまった…あれ?スタローンもマジでもう危ないかも?と本気で心配する。ランボーにロッキーに何があっても不死身で老けないイメージを勝手に思ってた分、あぁ…当たり前だけど、スタローンも普通の人間なのね…と思い返すことに!そう思うと、途端にスタローンに哀愁を感じ始めてしまう。

あんまりロッキーシリーズも好きじゃないんだけど、もう一度ロッキー1を見たくなるし、自分の中で印象が変わるかもしれないほど、クリード最高だった!

ボクシングシーンもロッキーシリーズの中で断トツにいい!ロッキーシリーズはね、ボクシングシーンがプロレスだからねぇ…ちょっと引いちゃうんだけど、クリードはボクシングになってたと思う。

ただね、ラストのコンランとの試合。
先ずEverton FCのホームスタジアムである"Goodison Park"でやる必要ないだろ?いくら王者がリバプール出身でエバートンサポーターだとしてもねぇ…4万の収容人数に、さらにアリーナ席を作れば+1万は余裕で入るだろう…そんな入らねぇだろ?つか2階席からなんて小さ過ぎて見えねぇよ。サッカーグラウンドでボクシングの試合やったことあんのか?いままでに…知らんけど…ないだろ?!なんでそういう余計なことするのかなぁ?

これね、だからグリーンバックで撮影して、観客を合成してるんだけど、それが丸っきり出ちゃってるのがスゲー違和感あるのよ。"ALI"(2001)の撮影監督であるEmmanuel Lubezkiの試合シーンが物凄く良かったんだけど、客席をまっ暗にして落としてしまうという…そうすれば後ろで常にヌケる観客が気にならなくなる。合成してますよ感が凄いんだよ。これがまたノイズになってしまう。どうしても気になるんだよなぁ。リングの周りには当然、本物の人間をエキストラとして入れてるのだが、その人間と合成の境目が気持ち悪いのよ。どうしても無理があるよね…。だったら、ノーランのように段ボールで作るとか、そういう人海戦術でいって欲しかった。


あとMichael B. Jordan演じるアドニスが近所のバイク仲間達と並走するシーン…。フィラデルフィアのストリートカルチャーを敢えて取り入れてるんだろうけど、ダサいだろ?!単純に!ウィリーばっかりしやがってアイツら関係ねぇじゃん!あれはひとりで走ってた方が良かったと思うな。

街の人から愛されてるロッキーを表したかったのか?!そしたら違うやり方がいくらでもあるやろ?エイドリアンでバイトしてるとか…そこで彼のバイクでないと取りに行けない仕入れ先があって、いつも頼んでいるとか…?

みんなで行こうぜー!ってノリがちっと気恥ずかしくもある。


あとラストシーンは欲を言えば、もう少し上から俯瞰のショットが1枚欲しかったな…。二人と階段の全体と街の風景をなぜフレームに入れない?あとピントも二人にいくのではなくパンフォーカスにして欲しかった…なぜここで背景をボカしたのか?ボカす必要ないでしょ?何のために聖地巡礼してるのよ?台詞で、いい景色だとか言わせてるのに…

とは言いながらもベソベソ泣いているのだが…

荻昌弘のロッキー評
「ボクシングが好きか嫌いとか、もうそんなことには関係なく、これは人生"する"か"しない"かというその分かれ道で"する"という方を選んだ勇気ある人々の物語です」

素晴らしい表現。
まさにCreedにも同じことが言えると思う。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.9
炎の宿敵を先に見てしまっていたのて感動が薄かったというか、予想通り。
12ラウンドになってやっとロッキーのテーマ、敢えて言うなら、そこだけ、やっと来たか〜、って感じ。
ファイトシーンはシリーズ共通の安定感、
胸熱だが、練習シーンをもっと盛り上げて欲しかった。
ロッキーシリーズ8作これで完了。シリーズ平均スコア4.3という大好きな映画でした。
ぎー

ぎーの感想・評価

4.0
「俺は”過ち”じゃない。」
日本では大ヒットしなかったけど、『スター・ウォーズ』みたいに過去の名作の続編として駄作が公開されている中、稀に見る過去の名作のスピンオフ続編映画だった!
というか、下手したら本編を超えている。
本当に良かった。

ストーリーは滅茶苦茶分かりやすい。
ザ・王道といった感じ。
言うならば、ロッキー版アベンジャーズ。
アポロの息子がロッキーのトレーニングで成長していく。
少年ジャンプの主人公みたいな生い立ち、成長の仕方。
ロサンゼルスでどうしてジムに受け入れて貰えないのかだけは腑に落ちなかったけど。。

スタローンの貫禄はやっぱりエグいね。
オーラが凄すぎる!
原作を踏襲したようなトレーニング方法も原作ファンにはたまらなかったのでは。
精肉工場こそ出てこなかったけど、早朝ランニングとか生卵とか。
絶妙なバランスでリスペクトが感じられた。
やり過ぎるとウザくなることをよく分かっていると思った。

ボクシングの試合描写のリアリティも格段に上がったと思う。
ミッキーの息子と戦うデビュー戦なんかは、勝てるかどうか分からないハラハラ感が滅茶苦茶あった。

憎いのは、原作ファンの心に訴えかける、ロッキーの癌との戦いというサブストーリーがきちんと用意されていること。
流石にロッキーはボクシングの試合を今更闘うことは出来ない。
でも、闘いはリングの上だけじゃない。
人生100年時代。
生きがいは色々なところにあるし、闘い方も様々。
とっても素敵だった。

1番印象に残っているシーンは、もちろん現チャンピオンコンランとの試合、特に致命的なダウンから立ち直る場面。
この場面でこのレビュー冒頭の名言が飛び出す。
裕福な生活を捨ててどうしてクリードがボクシングに身を投じたか、明らかになる。
そして、映画を見ている世界中の人々が待ち望んでいたロッキーのテーマのファンファーレが鳴り響く。
そこまでロッキーシリーズファンでもない僕でも感動してしまったから、ファンの人達にとっては大変な場面になったと思う。

歌手のビアンカとの恋愛、試合のスコアでは負けたけど個人的な心情の闘いには勝利するなど、原作へのオマージュがとにかく感じられる一作だった。
『ロッキー』を見た事がある全員にお勧めできる、本当によくできた現代版『ロッキー』だった!

◆備忘ストーリー
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クリード_チャンプを継ぐ男
ササミ

ササミの感想・評価

4.0
とにかく、アツいし泣ける
留置所でのシーン、マイケルBジョーダンの演技に引き込まれて涙が出た
親の名前と孤独に苦しみ、もがき続けたアドニスとそれを支えるロッキーとの世代を超えた友情が泣ける 
>|