エイリアン:コヴェナントの作品情報・感想・評価

エイリアン:コヴェナント2017年製作の映画)

Alien: Covenant

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:122分

3.5

あらすじ

巨匠リドリー・スコットが描く 全世界待望の『エイリアン』最新作が遂に始動! 人類の植民地を探す宇宙船コヴェナント号 聡明な女性主人公ダニエルズらが降り立った星には……。 “宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!

「エイリアン:コヴェナント」に投稿された感想・評価

もう少しで

愛しのエイリアンに会える!

楽しみ!

やばい!

家で飼いたいペットナンバーワン

エイリアン


見てきました

おきまりのあのフェイスハガーたんから
腹を突き破って誕生するエイリアンの可愛いさに悶絶
デヴィッドありがとおおおって叫んだもんね

人類とか滅んでええから繫殖希望
みう

みうの感想・評価

-
なぜこうなったのかを説明してほしい。
二時間みて疑問しかわかないし、オチは他のエイリアンシリーズとまったく一緒。
作る意味あったのかわからない。
w

wの感想・評価

3.0
白いやつがツルヌルできもい。
koya

koyaの感想・評価

4.0
『エイリアン』の第一作目は1979年だそうです。私は高校生でした。
こうして考えると、リドリー・スコット監督(だけではないのでしょうが)が創造したエイリアン・ワールドの息が長いこと、長いこと。

この映画は2012年の『プロメテウス』の続編であり、『エイリアン』一作目の前日譚である、という、なんか『スター・ウォーズ』にしてもねぇ・・・とにかく息が長いということは、そうある訳でなく色々と脚色する余地やのりしろたくさんある数少ないシリーズです。
もう、のりしろシリーズ。

コヴェナント(Covenant)というのは、聖書では「神との契約」という意味で中国では「契約」というタイトルになってました。

よく出来た映画ではありますが、やはりね、一作目のドキドキ感、ビックリ感が薄くなって「こうなるんだよねー」ってすれっからしの観客な私。
でも、今回、アンドロイド=エイリアンの攻撃対象にはならない、生命体ではない存在があるから、そちらが見どころ。

創造された者が創造主を超えられるのか・・・といった問いはいかにもキリスト教国ですわ。
『エイリアン』にも出てきた水飲む鳥のおもちゃが、ちゃんとこの映画にもちらっと出てきますよ、伏線なのでしょうね、チェック。
cp

cpの感想・評価

4.0
最も重要な問いの前では、その他のことなど無意味。
「つまりね、ぼくらが創りだせるのは結局それだけなのかもしれない。死だけなのかも。生命を創りだそうとしても、結局は死に帰着する。」ジョン・スラデック『ロデリック:(または若き機械の教育) 』
なんか色々ひどかった
ILC

ILCの感想・評価

2.0
前作プロメテウスが映画体験としての人生ぶっちぎりのワースト映画だっため、今作は期待しないとかもはやそういうレベルじゃなく例えるならば寝起きにどこか一点をぼーっと眺めてる感覚で観た。そのせいもあってかそんなに悪くは感じなかった。
鑑賞前にこんな感じにさせるって事は、ある意味プロメテウスは偉大だったのかもしれん
Hellyeah

Hellyeahの感想・評価

2.8
映像がきれいなだけ
ライフ見た後だったので船員の行動の酷さが気になりました
むく

むくの感想・評価

3.0
記録用。
シリーズを観たことなかったけど、面白かった!終わり方の後味の悪さ、邦画にはあまりなくて嫌いじゃないです。
>|