エイリアン:コヴェナントの作品情報・感想・評価

「エイリアン:コヴェナント」に投稿された感想・評価

何故か劇場に行けなかった
プロメテウスのトラウマなのかな

勇気を出して鑑賞

噂通りのバカップルたち
SFダーク・コメディ(by 宇多丸)に
納得
血液で
すってんころりん2連発!

楽しい
楽しすぎる

ファス兄さんの表情に
想いを読み解く

オラは悪魔の王になる!

リドスコ爺さん
大暴れだねー

次作は
劇場に行きますね

2018年7月28日
吹替版でもう一度

やはりコメディだ
JunCoga

JunCogaの感想・評価

3.1
一作目から劇場で観てきた
お腹から出てくるエイリアンは幼虫でなければならない 成長早すぎよ
リドリー・スコットは最高過ぎる。
だが、万人には勧めない。最高過ぎて、どのシーンどのシーンを観ても「あちゃー」と頭を抱えて、登場人物たちの不運な惨劇に狂喜乱舞する。そのことは万人にはなかなか伝わらない。
そして「?」という顔をされるのは切ない。だけど、僕にはとっても最高な胸糞悪さ。

序盤から立ち続けるフラグ。結論ありきのドラマ。
「死」が前提である以上「生」を持った人間のやるせない悪あがきと、破滅。
というようなことを、大仰な映像、お高く止まった美術、壮大な世界観、そしてセコくて愚かな人間たち。

「ゲティ家の身代金」を観ておいたので、予めその辺りは読み込める。しかし本作の前日談「プロメテウス」も観るには観たが全く覚えていなかったが、段々と思い出してくるが、正直あまり参考にはなっていない。
前作は「エイリアン」ってこんな話だったっけ?と疑問符だらけでさっぱり意味わからなかったが、本作はまさに「リドリー・スコットの映画はこんな話です」がテンコ盛りだし、前作のあの感じだと、物語の大筋もわからないし、何よりエイリアンもちゃんと出ない為、不評とやむなしだったが、今回はサービスの方も満点。
人間の悪あがきと、生き延びようとする無謀な甘さ、そして「宇宙までわざわざ出かけて行って酷い目にあう」というそれだけの映画を延々と見せてくれる。
その文脈を踏まえていくと、一見飲み込みづらいこれらの物語が痛快に思えてきて楽しい。

ここ数年のリドリー・スコット作品は胸糞の悪さと、説明はないのでほぼ何が起こっているかわからない。
ただ、描こうとしていることは単純で、端的に言えば「宇宙で酷いことになる話」でしかないという風に自分で前置きしておくと、却って、この映画の深い部分を堪能できる不思議な映画。
どのクルーも何だかもうアレ。
masa

masaの感想・評価

3.2
前作のプロメテウス観てたけどほとんど印象になく内容忘れていた。

リドリースコット監督は嫌いではないけど、映像表現は凄いのだかストーリーを綿密に組み立てるタイプではないので、よくわからなかったりする。これに関しては自分の世界に入り込みすぎかな…。もっと単純にすればいいのにと思ってしまうのだか…
やっぱりエイリアンは一作目にはかないません。

宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルターが船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組むが……

エイリアンも昔のエイリアンの方がインパクトがあったな。
なんかアンドロイドの話しになっちゃってる。
Maipi

Maipiの感想・評価

3.0
プロメテウスを観てないから
よくわからなかった

ウォルター。。。悲しい😢
you

youの感想・評価

3.3
展開はもはや様式美。
三作目からオリジナルへどう繋がるのか気になる。
130Matsu

130Matsuの感想・評価

2.5
これエイリアンか?プロメテウス2だろ。クソみたいな映画で時間の無駄だった。
とにかくクルーが全員ゴミ。こんなミッションを負えるような奴らじゃいだろ。アンドロイドがあんなにも豹変する?もう設定に全て無理がある。この続編があるようなら絶対に見ない。
>|