エイリアン:コヴェナントの作品情報・感想・評価

エイリアン:コヴェナント2017年製作の映画)

Alien: Covenant

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

巨匠リドリー・スコットが描く 全世界待望の『エイリアン』最新作が遂に始動! 人類の植民地を探す宇宙船コヴェナント号 聡明な女性主人公ダニエルズらが降り立った星には……。 “宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!

「エイリアン:コヴェナント」に投稿された感想・評価

主演の女優が、会社の瀧本さんに似ていて、応援しながら、観ていたんですが、古いファスベンダーのやらかしっぷりが、とんでもなくて、楽しいエイリアンになってました。
白米

白米の感想・評価

2.6
展開は分かっちゃいるけど、ドキドキして目を離せない自分がいる…
テーマパーク感があって楽しかった。
プロメテウスの続編なのね。
初期のエイリアンを見た時のような怖さはなく、グロキモいサスペンス。

町山智浩さんの解説を聞いて笑った。おじいちゃんの作品だから許して的な(笑)
面白かったけど、エイリアンというもの無駄に浪費している感じがした。
アキ

アキの感想・評価

3.5
録り溜め映画『エイリアン:コヴェナント』観終わり。

『エイリアン』の前日譚となる新シリーズ(?)の2作目。

原点に立ち返って、グロさ、残酷さといったホラー感増し増し。
「ごめん、ちょっと〜」で離れて一人っきりや、恋人とイチャイチャ〜が真っ先に襲われるという「いかにも」な前世紀なホラー演出はどうなの?と、思えなくもないけど、「王道や!必要なんや!!」と考えたのか、リドリーはじめ製作陣に聞いてみたいw

最先端の映画テクノロジーで描かれる「エイリアン」なアクションやその残酷さは良かった。
揚陸艇(?)に掴まってのバトルは震えた。

ここまで来ると、人体から様々な方法で「エイリアン」が誕生するのにカタルシスを感じてしまうのは「俺って変態ちゃうんか!?」って錯覚してしまうのが、リドリー、なんて罪なヤツなんやw、と。

ファスベンダー、みんな美味しいトコ持って行ってるけど、「エイリアン」増えちゃう!
「どうしよう!?人類終わる!!」
って感じだけど、大丈夫です!
リンやシェーファーやプレデター達がやっつけてくれます!って思っちゃうオッさんゲーマー脳w
エイリアン系好きでみてるんだけど、次々作品でるのは嬉しいけど、段々劣化していってる気が・・・・

コベナントより、プロメテウスのほうが自分的には良かった(*´ω`*)
プリン

プリンの感想・評価

2.8
自分的には、あんまりな作品。
SFスリラー感は、嫌いになれない。
だぶ

だぶの感想・評価

4.0
新星目指してたらもっと近くに良さげな星を見つけたから行ってみよう!ヒャーギャーあれ?あなたは!ヒャーギャー映画

アンドロイドの顔の凄まじさとそのあとのビョンに笑う
邹启文

邹启文の感想・評価

3.8
だぁい好き
>|