Masato

マクベスのMasatoのレビュー・感想・評価

マクベス(2015年製作の映画)
3.2
友人のジャッキーケンと鑑賞

シェイクスピアの4大悲劇の1つのマクベス

ストーリーは台詞回しが暗喩のようなもののばかりで、色々なシーンで謎が残ったので、原作本などを読んでいることを前提としているような感じだった。
だから、ストーリーではなく、映像や、台詞回しなどからして、忠実な再現などで勝負していたと思う。

文学に疎い私は、シェイクスピアの四大悲劇のマクベスという名前だけを知っていた。


うっかり要約されたストーリーを観てしまったため、ストーリーは新鮮味が感じられなかった。
が、スコットランドの風景や、ラースフォントリアー監督のようなアーティスティックが感じられるスローモーションのシーンなど、映像は良かった。
特にラストのシーンは印象的で素晴らしい。

魔女の予言により、妻の言葉で狂い出したマクベスの清廉さと悪の葛藤から、段々と転落していく様は、人間の根本的な胸中にある善悪の闘いを描いていて、人間そのものが感じられる内容だった。

あまりにも台詞回しが暗喩ばかりで、納得できる台詞もあったが、少し頭がこんがらがった。なっちの翻訳のせいかもしれないが。
それに、淡々としているのが少し難点かもしれない。

原作の元ネタと比較して、映画での変更点や強調点を追及するのが面白いのかもしれない、


シェイムやそれでも夜は明けるで最高の演技をしていたマイケルファスベンダーは、やはりすごい演技。狂気さを滲み出していた。
マリオンコティヤールの妖麗ながら、悪を裏から感じられるような演技も素晴らしかった。

アサシンクリードの監督を務めるジャスティンカーゼルの手腕を見れた。楽しみだ。