ムーミンの相棒

彼は秘密の女ともだちのムーミンの相棒のレビュー・感想・評価

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)
4.0
フランソワ・オゾン作品。亡くなった親友の夫に女装癖があることを知ってしまった女とその男の話。『わたしはロランス』のような自分の性的志向に気づいた人間の話ではなく、無自覚に自分の内に秘められていた欲望に徐々に気づいていく人間の話だった。例えば年上の男に惹かれるのは父親の愛を求めているから、ということみたいに欲望の源流を辿って行くゾクゾク感がたまらない。見方によっては恐ろしいラストシーンはオゾンっぽくて好みだった。人と意見交換したい系の映画。