ありりんご

アリスのままでのありりんごのレビュー・感想・評価

アリスのままで(2014年製作の映画)
3.7
「ジュリアンムーアがアカデミー賞を獲った」なんか、意外だな?なーんて思ってたけど、こりゃとるわ、堂々のアカデミー賞だと恐れ入りました。

あと、この人こんなに美しいと思わなかった。

クリステンが出てるってことと、
若年性アルツハイマーの話ということで、
ずーーーーーっと観たかったんですが、
少し忙しい時期に重なって、映画館で観れなくて、
レンタル開始を待ちに待って、ようやく観ることができました。満足です。

確かに、レインマンとか、シックスセンスとか、そういう映画本来の強みのある作品では無いんだけど、
(あくまで現実に沿って、現実を切り取って、描いているから)

若年性アルツハイマーっていう稀有な病と闘ってる当事者の
アリスや、その周りの人たちの苦しみや痛みが、自分らのモノとして共感できてしまう、
そんな造りになっているところがかなりの高評価かつ、好評価。

内容のみなら、エンターテイメント性を重んじる映画ファンにはオススメ出来ないけれど、
役者(主にクリステンとジュリアンムーア、ケイト)の演技に心動かされたいなら十分。

全体としては、薬学部でアルツハイマー病その他神経系疾患の授業の前に、
これを観せてくれれば、学生もヤル気が出ちゃうんだろうなっていう映画です。
つまり医療的側面が少し強めな映画。

割と専門用語やら、なんやらがポコポコ出てたけど、一般人の方が見たときに分かるようになってるのかどうか、今度誰かに聞いてみたい。

でも本当大満足です。
クリステン久々に観れて、やっぱり最高の役者だと思うから今後も沢山スクリーンで拝見したいなあ