アリスのままでの作品情報・感想・評価

アリスのままで2014年製作の映画)

Still Alice

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

「アリスのままで」に投稿された感想・評価

うに丼

うに丼の感想・評価

3.5
アルツハイマー病は直近の記憶や体験そのものが頭の中から失われるが、感情面は残ると言われており、周りが悲しい顔をしていたら不安になるし、怒っていたら怖いし、笑っていたらちょっぴり嬉しい。だから僕はなるべくいつも笑っているようにしてます。

病気になるのは恥ずかしいことじゃない。

誰でも生まれてきた時は、言葉も話せず、一人でご飯を食べることも、シモの処理をすることもできない。誰かの力を借りないと生きられないのだ。それは決して恥ずかしいことじゃない。

肉体の時間が逆行していく奇病に冒された『ベンジャミン・バトン』の人生のように、ただ〈はじまり〉に戻っていくだけなのだ。
そして新しい朝を迎える。
harupin

harupinの感想・評価

3.5
やっと見れた。
すごく心苦しくもなる、でも思っていたよりも
悲しみがマシだった気もする
それは家族のあり方だと思う
リディアのとても冷静に普通でいようとしてあげる姿がすごく心にグッときた。普通でいることの難しさをリディアはできた。大変やっただろうけど、やり遂げた素晴らしい

このレビューはネタバレを含みます

ジュリアン・ムーアの演技が凄すぎて脱帽。
胸が痛むし、考えさせられるし、力強いものがあるが、終わりがモヤッとしてしまった。

とても研究熱心で、博識な人がアルツハイマーになり、様々な事を忘れていく…
それが皮肉にも言語学者である事がより見る側に訴えてくるものがある。
スピーチのシーンはとても力強かった。
どんどん忘れていくから、私は瞬間を生きている。

未来の自分へ自殺を促すムービーを残しても、短い指示すら忘れ結果自殺できなかった。
一瞬ホッとしたが、彼女自身は本当はどっちを望んでいたのだろうか…
masato

masatoの感想・評価

3.8
ジュリアン・ムーアの主演女優賞獲得も納得。
若年性アルツハイマーを患い少しずつ忘れていく運命を見事に演じています。

自分の身にも起こり得るかもしれないテーマなので、患者本人もそうですが、家族の気持ちとか生き方もいろいろ考えちゃう映画でした。
そーま

そーまの感想・評価

3.5
いや〜忘れるって怖いですね〜😰
でも、人間の宿命なのでしょうか。。。
なりたくないですね!!
ジュリアンムーアが必死に忘れないようにする所
が良かったですね!
周りに必死にサポートしあうシーンもありました!!
やはり、忘れるという技はどんどん増えていき
トイレのシーンが1番来ましたね。。。
自分でそうなったらショックです😭
これからアルツにならない為に楽しい人生を
送っていきたいと思いました!!!
終わりにかけて予想以上に静かな展開、少しあっさりにも感じたが、親や自身にいつ起こるやも分からない話。結構考えながら観た。夫婦役のムーア&ボールドウィンは勿論良かったが1番印象に残ったのはKristen Stewart 吸血鬼映画で知られてるんだろうけどリアルな作品に出した方が光る気がした。演技上手い。
takasagoya

takasagoyaの感想・評価

2.6
ムーアの名演はあるが、話が上手く流れ過ぎ。
最後が微妙。スピーチのシーンもよかったのに、そこからエンディングが中途半端な気がする。
みい

みいの感想・評価

3.9
学士号を持ち家族に愛される美しい女性が記憶を失っていく物語。
靴ひもの結び方を忘れ、自分の職場で迷い、長女の名前を忘れてゆく。
重いけどとても美しい作品でした。
「In love.」
「Butterfly🦋」
若年性アルツハイマーにかかった女性アリスをジュリアン・ムーアが好演しています。病気と分かってからの彼女の行動が凄すぎ、普通の人間なら出来ない。彼女の中の病気に対する不安を打ち消すために気丈に振る舞うアリス。その彼女を支える夫や子供達、家族の愛の感動の物語です。病気になって初めて分かる家族の絆です!
>|