大介

ボーダーラインの大介のレビュー・感想・評価

ボーダーライン(2015年製作の映画)
3.3
描きたいことはわかるんだけど、全然活躍しないエミリー・ブラントが悲しい。彼女が目当てで観たので、デル・トロの引き立て役みたいな扱いが残念。

物語は緊張感がヒリヒリ伝わってくる描写が多く、中盤は少しダレるけれど臨場感も申し分ない。

現実はもっと悲惨なんだろうな。

あの警官の存在を物語上でうまく使っていたと思う。一端ではあるけれど、あの社会の全てを物語っているともいえるのかもしれない。


個人的には後味の悪い作品だった。