ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

2.6
実感がわかなさすぎた。
ラスボスもあっさりしすぎで。
置いてけぼり感がある。
desperadoi

desperadoiの感想・評価

4.0
徹底して感傷を排した作風からハードボイルドと形容したくなるが、それすら躊躇させる鑑賞後の虚無感が凄まじい。感動の涙は勿論のこと、血がたぎるような興奮も与えてはくれない。あるのは冷たく横たわる「現実」のみ。どこまでも深い闇を湛えたアレハンドロの目が頭から離れない。
さらに非情なものになると言う続編が今から楽しみでもあり、ヴィルヌーヴとディーキンス、そしてヨハン・ヨハンソンが抜けた穴を埋められるのか不安でもある。
DESK

DESKの感想・評価

2.8
内容は観ていて凄く辛かったです。音楽は暗いながらも印象的。そして落日のグラデーションを背景に部隊がアジト殲滅に向かうシーンの何と美しいこと。凄惨な映像の連続なだけに際立ちます。過去同じ体験をしました。羊たちの沈黙。

この映画のような日々が、国境で現実にあるのでしょうから、感想はただただ「あの国に生まれなくて良かった」です。主人公二人のコントラスト、荒んだ街とカルテルのボスの豪邸の対比は見事。
雑食

雑食の感想・評価

-
みた 関係ない別世界の話、と思いたい。入り込めず。関わりたくなさすぎる、こわい。メキシコもアメリカも行きたくないわ。デルトロの素性が明かされた時、「娘」がlittle girlだって分かったのよね、どのくらいの大きさの娘がいたのかわからなかったけど、怒りを覚えた。そして代わりに華奢な男子たちである。目には目を歯には歯を、は繰り返して終わらない。原題のかっこよさが全くつぶされてしまった。なんで原題と全然違う意味のカタカナにするかな。
Ri

Riの感想・評価

3.8
子供たちがサッカーをしてその周りにはコーチや保護者もみにきてる試合の最中に遠くから銃撃の音がしても最初は反応したがそのまま試合を続けるあのラストシーンがメキシコの現状を物語っているというか、恐ろしいと感じた。
greatman

greatmanの感想・評価

3.9
一言で言うと「腐った悪に制裁を」
[あらすじ]
優秀なFBI捜査官のケイトは、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官のもとで極秘任務に就く。ケイトは早速、謎めいたコロンビア人と共に国境付近の捜査を開始。人が次々と亡くなる現実を突きつけられたケイトは...。

メキシコ恐えわ😰
観てたら分かるんですが、ああいう事が日常茶飯事で起こってるなんて...そらトランプが柵作る理由も分かりますわ(^_^;)...
とにかく緊迫感が凄すぎて観てるこっちが死んでしまいそう😨
冒頭の襲撃シーンもそうだし、ハイウェイの銃撃シーンもそうなんだけど、一番観てて緊張したのが最後のあのシーンでしょうかね😥...もうあそこがピークでした😓
それにBGMが無いから心理戦や銃撃戦とかもリアリティ且つ緊張感がかなり凄いんで、観てるこっちもどんだけ心臓がキュっとなったか😅...
ただ静かすぎて会話してるシーンとかはちょっとウトウトしてましたけど(^o^;)www
とにかく観てる方も凄いんですが、役者達の演技の魅せ方が本当に素晴らしいです。
特にベニチオ・デル・トロのあの存在感だけで今作が成り立ってるようなもんですから...
それに主役はエミリー・ブラントですが、物語が進むにつれだんだんと主役がベニチオ・デル・トロに変わったような...てか、完全にエミリー・ブラントという存在が喰われてたような気がします。
最後に、正義って何でしょうね?
世界にはメキシコのような法や秩序が腐れきった国が存在するだろうけど、「正義をもって〜...」などと言ってたら、正直あの国では生きていけないと思うんです。
自分の殺したい相手がいるのなら、犯罪者になっても厭わない。そのくらいの気持ちで挑まないと、逆に悪に呑まれてしまうかもしれないから...
buenavista

buenavistaの感想・評価

4.0
冒頭の壁内の死体はキツイ (lll´Д`)

まぁジョシュ ブローリンの嫌な奴加減がたまらんし、デルトロの冷血具合も虫酸が走るが、そんな子供染みた考えは、通用しないじゃろう (lll´Д`)

麻薬カルテル撲滅と一口に言っても、利権やしがらみ私利私欲が渦巻く世界、今日の味方が明日の敵、いや数分後かも‼

高速道路のシーンもスリリングだなぁ❤
aloha55

aloha55の感想・評価

4.5
2回目視聴
itoman

itomanの感想・評価

4.0
ひょんな事からメキシコマフィア対策チームの一員になった主人公、派遣先は路上にごろごろ死体が転がるメキシコ屈指の危険地帯、敵のチンピラは機関銃をデフォルト装備、味方は味方で談笑しながら容疑者を拷問するやばい人たち、まともな神経の主人公はストレスで死ぬ…という話。
>|