ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

2.6
実感がわかなさすぎた。
ラスボスもあっさりしすぎで。
置いてけぼり感がある。
なるほど
2時間弱緊張してて腹筋割れそう

こうゆう類の映画は細かく描写しようとしてストーリーが進まないからすぐ飽きるんだが、これは最後までみた

エミリーブラント本人じゃなくて、エミリーブラントの感情にフォーカスしてる映画
あべ

あべの感想・評価

4.4
冒頭から麻薬カルテルの恐ろしさを叩きつけられジワジワと巨大な暴力の気持ち悪さや無力感を感じさせられた。一般道を特殊車両で通過するシーンだったり暗視ゴーグルの主観シーンだったり、ところどころ画がツボにハマる。ベニチオ・デル・トロが虚無を抱えた表情で淡々と殺していく姿が最高に魅力的だった
いち

いちの感想・評価

-
デルトロの印象強すぎて、エミリーブラントが霞んで見える。
ブラを買い替えろしつこいww
イッサ

イッサの感想・評価

2.0
知らない人には新しい現実。
知ってる人は知ってる。
この世界に於いては正義とかそういうのは意味を持たない。
殺しは日常で金と力が全て。

現実にそういう世界は存在している。
日本にいるとゲームの中でしか見ることのない世界だけど。

このレビューはネタバレを含みます

原題は「SCARIO(殺し屋)」
最後まで見れば、これはアレハンドロの個人的な復讐劇だと分かるけど、邦題は「ボーダーライン」というケイト目線に寄った題名。善悪に境界はあるのかという間違えてはないけどちょっとミスリードになりかねないような、、、。
でも、国境線も意味するので光側と闇側を対比させた映像も多かったことからこれもテーマだったのかも。

首や腕が切断された死体が橋から吊られているのを目撃したり、銃声が聞こえたりする。フアレス市の日常である事に驚いた。

残忍で冷酷な世界観を鮮明に演出している。
アメリカとメキシコのリアルを垣間見た。
狼の土地では屈強で優秀なFBI捜査官は太刀打ちできなかった。世界の裏側はあまりにもディープでダーク。自分が生きているこの世界の平和さに気付かされた。
戦闘シーンがリアルで凄まじい緊迫感。特に暗視ゴーグル目線のカメラワークは斬新で、自分がその場にいるように感じた。社会派でありながら戦争アクションの要素も素晴らしい作品だった。
ラストシーンで子どもたちがサッカーの試合をしている日常のシーンで銃声が鳴り響くが、特に驚きもしないところにメキシコの闇を見た。
ベニチオ・デル・トロの存在感が圧倒的。この映画を体現しているような、厳しく強烈な存在だった。
法なくして秩序は保てないが,秩序を築くためには法を破る必要がある.矛盾しているが,それが現実だとこの作品を見て思った.
雪

雪の感想・評価

3.2
麻薬カルテルのこと調べてから見てよかった、メキシコ怖い
Neal

Nealの感想・評価

5.0
法の通じない世界での「悪」はよく描かれることが多いけど、じゃあそこで下される「正義」とは何なのか。クライマックスはそこに全て終着する。

ドゥニ監督作は「ブレードランナー2049」と「メッセージ」しか見てないんだけど、これも含めて好きです。キャラクターの目線に合わせた映像、不穏な音楽、主人公(エミリー・ブラント)と観る者をシンクロさせる手法、全部が組み合わさって最高の一本になった。

でも見た後はどっと疲れますw

詳しくは話せないけど、ベニチオ・デル・トロがとにかくカッコよくて、怖くて、哀しい。

鑑賞前にこれ知ってれば大丈夫リスト
・DEAは麻薬取締局。
・FBIは基本、国内でしか行動できない。
・メキシコでは、麻薬カルテル撲滅をマニフェストにした市長は、即日殺害される。
・今作の原題はSICARIO、スペイン語で殺し屋。
>|