ボーダーライン(2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    脚本
    テイラー・シェリダン
    キャスト
    エミリー・ブラント
    ジョシュ・ブローリン
    ジョン・バーンサル
    ベニチオ・デル・トロ
    ジェフリー・ドノヴァン
    ダニエル・カルーヤ
    マキシミリアーノ・ヘルナンデス
    ラオール・トゥルヒージョ
    ローラ・カニンガム
    あらすじ
    巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

    「ボーダーライン」に投稿された感想・レビュー

    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.7
    観る前は「ボーダーライン」っていうタイトルまあ良いのではと思ってたけど観終わったらなるほどこれは原題の「Sicario(殺し屋)」ですわ

    夜の映し方が印象的だった
    Ryo0126
    Ryo0126の感想・レビュー
    19時間
    3.7
    リアル。鑑賞済み
    shinbon007
    shinbon007の感想・レビュー
    22時間
    4.0
    怖面白い
    ねこひげさん
    ねこひげさんの感想・レビュー
    1日
    3.8
    ただひたすらに怖い。
    ホラーとかの類ではなくて、人の命の重さとか法規の遵守とかそういう概念が一切存在しない世界の怖さ。
    無秩序ってこういうことか?

    ただ、映像が綺麗すぎて。そこのギャップというか、ストーリーと映像美の両方に惹かれた映画やった。
    takerootsboy
    takerootsboyの感想・レビュー
    1日
    4.5
    メキシコの麻薬カルテルとの闘いのためには正義の側も悪に手を染めなければならないという現実をハードに描いた作品。冒頭から明晰で硬質な映像美にものすごい緊張感と不穏さがみなぎっていて、いきなり展開する地獄に面食らう。その直後、FBI捜査官のケイトはカルテル撲滅特別部隊にリクルートされるんやけど、部隊がこれから行おうとしてることが何なのか、ものすごく分かりにくい。何ら確信がないまま、部隊の動きにただ従ってついていくしかないケイト。それにかなり近い状態で、我々も映画の展開を見つめることになる。ただひたすら淡々と連れ回される地獄めぐりの不安定感がまさに本作のハイライト。このクセのあるタッチにハマれないと全然楽しめなさそう。とにかくスルスル進んで、地獄の奥へ奥へ、気づけばとんでもない状態に突入してて、しかも味方がみんな法的手順を一切踏むことなく、まさに毒で毒を制している。その様子に、すさまじい抵抗を感じるケイト。しかし、そうでもしなければどうにもならないほど、カルテルの悪行は激しく酷くなりすぎている! 何ということだ! とか、のん気に考えながら見てると、途中から一気にストーリーの構造が激変。雰囲気も激変。びっくり仰天! あ! そっちの話にいくの! そーゆーこと! で、最後は、スッキリな終わり方じゃ全然ないはずなのに、ちょっとスッキリしてしまう。特にテーブルにひとりだけ残してるとことかいいですねー。もっとあの間が長くてもよかったよねー。ちょっとでもあのオッさんのリアクション見たかったよねー。その前にやっちゃうの、ちょっともったいない気がするよねー。って見てたら、遠くから銃声が聞こえ、タイトルコールSICARIO。かっこえええええええ! そうなんですよ。ビルヌーブ監督の映画は、テーマはどんなものであれ、基本はオシャレでカッコいい映画なんだと思う。ってまだ3作しか見てないけど。あ、あと音楽が最高! 低音がブオーン、ブオーンと不穏に鳴り響き、弦楽器のゴシゴシ音がジョーズの様に押し寄せる! いい! この感じだとメッセージもブレードランナーもだいぶ期待できそうっす! 楽しみすぎる!
    YukiSano
    YukiSanoの感想・レビュー
    1日
    4.2
    まさに仁義なき戦い。

    トランプ大統領が何故にメキシコとの国境に壁を作ると言ったら支持されるのか理解したくもなる。

    かつてシティ・オブ・ゴッドという、とんでもなく容赦ない映画があったが、こちらも冷酷さと渇いた演出がハードボイルドを超えて、草木一本も生えないような湿り気ゼロの地獄を描き出している。

    アメリカ国内で活躍する捜査官がメキシコに行ったら、単なるぺーぺーと成り下がる現実。この作品はフィクションだが実録性が高く、はっきり言って映画の方が現実よりマシなんだろうな、と想像できる。

    次は噂のドキュメンタリー「カルテルランド」を観て、映画を超える現実の一端を観てみたい。

    とにかく、少し音が鳴るだけで、背景に誰かいるだけで、少し長回しになるだけで、誰かが死ぬかもしれない恐怖に包まれてただならぬ緊張感が全編に渡って張り詰めるのでしんどい。其処らのホラーより怖いと断言できる。

    この監督のプリズナーズと同じように正義の曖昧さを問いかけてくるが、毎回全く違う映像で驚かせてくれるので感心する。ふとした時に、地獄の中で美しすぎる映像が挟まる瞬間に、より恐ろしさを感じる。


    とりあえず絶対にメキシコに行きたくない。
    apollo
    apolloの感想・レビュー
    2日
    -
    緊迫が走るね
    YasuhikoKikuchi
    YasuhikoKikuchiの感想・レビュー
    2日
    3.6
    思ったよりあっさりしてる。
    まっつん
    まっつんの感想・レビュー
    2日
    3.4
    命が軽い。引き金ひとつで人は死ぬ。

    そんな当たり前の事実を改めて認識させられた映画だった。
    がらがら
    がらがらの感想・レビュー
    2日
    3.5
    悪を討つための悪はどこまで許されるのか。

    テーマがテーマだけに爽快感は皆無だけど、メキシコのカルテルを相手にする緊張感、壊れた倫理観、麻薬戦争物の醍醐味は詰まってた。
    >|