ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.7
観る前は「ボーダーライン」っていうタイトルまあ良いのではと思ってたけど観終わったらなるほどこれは原題の「Sicario(殺し屋)」ですわ

夜の映し方が印象的だった
原題:SICARIO
Nakato

Nakatoの感想・評価

3.6
国境、マフィア、良くあるネタではあるけれど、エミリー・ブラントとベニチオ・デル・トロの見事な演技のおかげで、とても引き締まった映画になっている。ただ相変わらずメキシコってそう描かれるのね。
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴの絵造りは結構好き。次回作ブーレードランナーにも期待。
たる

たるの感想・評価

3.5
エミリーブラント
きれい
smile

smileの感想・評価

3.5
日本に住んでいると、ピンとこない世界だけれど、現実に存在していて……。正義と悪の境界線も分からない。ケイトはFBIとして立ち直れるのかな?
K

Kの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公ケイトの目線で物語が進む内容。共同捜査の真の目的を知らされないままに展開していくため、最終局面で真実が暴かれた際の衝撃にとても痺れました。
そして、謎多きアレハンドロの暗い過去がフラッシュバック一切無し、知ることができるのは復讐が果たされる直前の本人の会話本の一握りだけ…という展開は、より悲しみ・怒りを感じることができ、とても印象に残りましたし、本当に素晴らしい演出だと思いました。
yuta

yutaの感想・評価

3.5
あらすじ
「プリズナーズ」「灼熱の魂」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、「イントゥ・ザ・ウッズ」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントを主演に迎え、アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション。巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。共演にベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン。

ドゥニヴィルヌーヴ監督作はプリズナーズだけ鑑賞していて、面白かったので期待していました。
結果としては、緊迫感や生々しさが半端なく醸し出されていて、楽しめました。特にキャストのベニチオデルトロ(好きな俳優)の渋さ、かっこよさ、アウトローさ、アンダーグラウンド感などがドンハマリでした。
終始、緊張感があるので鑑賞するのは中々疲れますが、面白かったので続編は観に行きたいです。
ずっと見たかった作品。緊張感ありでゾクゾクしっぱなし。エミリー・ブラントの脇を固めていたデル・トロさんとブローリンが良かったなぁ〜
カルテルの現状がリアルに描かれていて恐怖しかない。
shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

巨大組織の闇に対して物語が進んでいく。その終焉がいきなりであっけなくも感じて少し物足りないかなー。
デルトロこえー。
なかなかにヘビーな麻薬カルテルの話。改めてメキシコの恐怖イメージを植え付ける一作。
>|