ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.7
観る前は「ボーダーライン」っていうタイトルまあ良いのではと思ってたけど観終わったらなるほどこれは原題の「Sicario(殺し屋)」ですわ

夜の映し方が印象的だった
メキシコとの国境に壁を作りたがる人の気持ちがよく分かる作品。
メキシコの麻薬組織の残虐さもヤバいが、麻薬組織絶対に潰すマンたちの圧力もヤバすぎる。
巨大な組織の力の前では正義感をふりかざしてみたところで、なす術もなく屈するしかないのだ。
この無力感は、まさに逆池井戸潤……。
Tsuyoshi

Tsuyoshiの感想・評価

4.5
考えさせられた
麻薬カルテルが支配する本物の修羅の国
そこで起こる追跡劇だけは見ものだと思う
悪だって家族はいる
慈悲なとなく全て根絶やしにする本物の修羅が観れる
それぞれの違う正義が混濁し重低音で更に緊張増

昨日寝てしまったので途中からまた視聴。

英語が聞き取れなく内容が掴めなかった(><)
非常に演出が凝っていて見てて飽きない。主人公の世間知らず感がいい塩梅。何が正義か考えさせられる作品。実際にはメキシコの治安のわるさに驚いててそれどころではない。
ピロ子

ピロ子の感想・評価

5.0
重い内容なのに、また観たくなって一昨日から何周もしている。
最初から、黒ひげ危機一発の本当に爆発するモノを手渡されたような感じ。
ずっと麻薬戦争で刑事やDEAが絡む内容で映画を探していたけど、この作品以上の作品が分からない。探すの下手なのか本当にないのか…。
初めて観た時、一昨日久し振りに観た時、見えてくる、聞こえてくる「映画」の力。
よく考えると映画がどうやって映画館までやって来るのか知らないことに気付かされた。
映像と音楽、俳優陣の演技、力強い。
音楽を担当した方が今年に亡くなっていたのを知り、かなりショック。
麻薬社会のことよく知らないから
難しかった。

映像キレイ。緊張感ビシビシ。
tamchan

tamchanの感想・評価

3.6
メキシコも凄い国ね。
国境付近のヤバい町って実際もこんなんだろうな。
予備知識0で主人公はどう活躍するのかと思って見てました。
復讐とはいえ冷酷非道振りが半端ないです。
怖い映画でした。
>|