ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

3.7

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からな…

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.7
観る前は「ボーダーライン」っていうタイトルまあ良いのではと思ってたけど観終わったらなるほどこれは原題の「Sicario(殺し屋)」ですわ

夜の映し方が印象的だった

このレビューはネタバレを含みます

登場人物の役職?立場みたいなのがよく分からんくて、誰がメインキャラクターなのかハッキリしなかった。 敵役も魅力的ではない最後にポッと出てすぐ殺される。
いわい

いわいの感想・評価

3.5
ベニチオ・デル・トロのオーラがすごい
ゼロダークサーティのように任務を淡々と遂行して行く
なぐ

なぐの感想・評価

3.5
またブレードランナー、メッセージと同じ音楽じゃんと思い、調べたらヨハンヨハンソンっていう人がずっと担当してるんですね、失礼しました。
なんともスッキリしない終わり方。
メキシコや麻薬に関する問題って現実もこんな感じなのかな…
緊迫感とスケールはさすが。

世界のどこかでは
このような現実が広がっているのか

悪役は捕まったけど
なんかモヤモヤ残った感じ。
飽きなかった
Arsro

Arsroの感想・評価

3.5
緊張感がよかった
wataru

wataruの感想・評価

3.9
この監督の作品ほぼ全てみてるけど
緊迫感を作るのが世界一上手いな
硬派で上質
FPSゲームの主人公になった気分
BS2011

BS2011の感想・評価

3.2
やっぱり、この監督の映画の音楽はいい!
情容赦のない描写もいい!
L

Lの感想・評価

-
おんがく
こわい かなしい
和田

和田の感想・評価

3.6
BGMが重厚で迫力があった
違法であっても合法だってことにして人殺しまくるのやばい
女子供も情け容赦なく殺すのもやばい
>|