ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

やんぬ

やんぬの感想・評価

3.0
最初の方にメキシコ入りした時の車を出た瞬間の打ち合いは緊張感がありつつ面白かった。
その後は話が複雑で置いてかれた。なんてこったい。
ayaka

ayakaの感想・評価

3.6
死への扱いが雑でおぞましい。
ヒロイン以上に置いてけぼりにされた感じがありました
なんと…難しい…all you need is killにてエミリーブラント繋がりできたけど、やはりかっこいい
Clara

Claraの感想・評価

3.0
FBI捜査官であるケイトは特殊部隊に任命され、メキシコの麻薬カルテルを追う極秘任務に就く。法律も倫理もない激しい麻薬戦争の最前線で、彼女の善悪の境界線が揺らぎ始める。

見せしめで複数人の裸の遺体が宙づりにされているシーンがあるけれど、これ昔から本当に海外では行われていることで、裸なだけならまだマシというか…首なしで宙づりとか本当にあるから、人間の惨さとその裏にある弱さについて考える。
倫理や法律というのは、社会がある一定の水準に至らない限り存在しないも同然のものだということがよくわかる。それが機能するだけの社会レベルってどうやって築いていくものなのだろう。先人たちは、いかにして実現してきたのだろう。そもそもその社会レベルの基準って…?考えるとなんだかグルグルしてしまう。

何を信じていいのか、そもそも信じられるものがあるのか…すごく孤独な環境にわけも分からず放り込まれたケイトの戸惑いや混乱、目の前で起きていることに対する怒り、何もできない無力感に心を寄せることができるのは幸せなことだ、恵まれた環境で生きてきた証拠だと思う。そして、FBI捜査官という能力と正義感をもったケイトが置いてけぼり状態であることで、無秩序さや無力感、敗北感というのが際立って見えると思う。
また倫理観などを持ち合わせていた人間も、何かがきっかけで崩壊してしまう事実も突きつけられる。そして、秩序を取り戻す戦いに正攻法は不要といわんばかりの事実、結末。ケイト=正攻法なんだ。
natsuki

natsukiの感想・評価

4.5
噂通り傑作でした!面白かった!
色々なところで褒めそやされていて期待値が上がりまくっていたのに、それを上回る良さ!
映画の脚本、それが描く問題、役者の演技についての感想をよく聞いていて、それらはもちろん素晴らしかったんだけど、私はやっぱりドゥニヴィルヌーヴ監督の映像が好きで美しくて良いなぁと思った。逆光の男、その向こうの窓から見える子供たちが見えるプールサイドの構図とかクレモニーニの絵画のようで、普段シュルレアリスム的な映画を撮ってる監督だし、美術的感性を感じた。
natsuki

natsukiの感想・評価

3.6
下の方で鳴ってる音が心地良く不安を煽る。
デルトロかっこよすぎか、、
恐ろしいジャングルクールズに乗せられているような錯覚にさせられる一本。
嘘でもなんでもいいから日本に生まれてよかったなぁと感じたのが正直なところだろうか。
それにしても、こういった主人公は珍しいのではないか。実にリアルを感じて面白い。
chip

chipの感想・評価

3.6
見せしめのために残虐な殺人を繰り返すメキシコ麻薬カルテルと、アメリカ合衆国DHS(国土安全保障省)との壮絶な戦いがテーマのこの作品、劇場で観て以来の、配信での再鑑賞。

地の底から響くような音楽が始終鳴っていました、劇場では。。
やはりスクリーンじゃないので、あまり音を感じなかったのは残念でしたが....

現場に踏み込む大柄な捜査員たちの中に入って奮闘する一人の女性、彼女をエミリー・ブラントが演じます。笑顔を一切見せず、ずっと緊張した表情の彼女でした。女性でいながらたくさんの遺体を見、銃撃戦に身を置く,,,その心の闇は深いと感じました。
なぞの協力者のデル・トロは、けだるそうな雰囲気の中に冷酷さがあり....圧倒的な存在感でした!

原題は「SICARIO」はスペイン語で「殺し屋 」という意味なんですね。邦題「ボーダーライン」、私はアメリカとメキシコの国境のことだと思っていましたが...善悪の境界、でしょうか。
>|