ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

HeroM

HeroMの感想・評価

3.5
ボーダーラインという邦題にはてな。主人公の女FBIは善悪に戸惑いただただ翻弄されているだけに見える。そこに葛藤や戦いは見えてこない。
血で血を洗うメキシコの現状に光を当てた原題シカリオの方が意味が通っている。
デルトロがもはや主人公であり、ラストにかけて敵を追い詰める流れはスタイリッシュでありながらシリアスで残酷だ。
ポテ橋

ポテ橋の感想・評価

3.0
記録

36作目
よくわっかんね
CIA、SWATとかの突入系は、緊張感がすごいから大好き。「ゼロダークサーティ」とかもそう。

この映画の魅力はそれぞれのキャストが見せる演技。妻、娘を残忍に殺され復讐に燃える男。組織としてのやり方に不満を持つCIA。一発触発の場面で見せる沈黙の圧に銃撃戦とは違う緊張感が漂う。こんな裏社会があるのかと思うと、またまだ世界の闇を何も知らないんだと、しみじみ感じる。
3104Arata

3104Arataの感想・評価

3.6
【闇社会を垣間見せてくれ、平和ボケした自分に危機感を持たせてくれる作品】
・アメリカとメキシコの国境で巻き起こる麻薬戦争を描いた作品です。リアリティがあるかどうかは、実際にそこで過ごしていないのでわかりませんが、それでも「こんな闇の世界、あるんだろうなぁ」という想像をきちんとさせてくれる演出と脚本になっています。むしろ、他国に行ったときに警察にすら気をつけないといけないかも!という危機感を覚えさせてくれます。日本はとても平和な国ですが、国が違えば、人の命が簡単に失わさせられていく事実もあるのだと、日本の幸せさを改めて実感させてくれます。
・エミリー・ブラントさんは女を捨てたFBI捜査官という役柄を非常に上手く演じられていらっしゃいました。そんな中に時たまセクシーさがあるところが素敵ですね。また、ベニチオ・デル・トロさん、相変わらずかっこいいですねぇ。色んなものを背負った自分であることは物語の後半戦でわかってくるのですが、前半の振る舞いが全て伏線の様に感じさせてくれる物語構成と演じ方。普通に見ごたえのある映画だと思います。
こんな緊張感耐えられないww
麻薬捜査っていうか、戦争の域だな。
ある程度覚悟しててもやっぱり残虐🙈
ブレイキングバッドを思い出した。
ドゥニヴィルヌーヴ監督らしく
ちょいちょい映像が美しくて
景色に見惚れてしまった。
音楽が控えめで情報がシンプルだから
その分余計にドキドキする。
ジョシュブローリン渋いな🥰
このゾッとする現実が実際にある
世界はギリギリの縁に存在しているということを突きつけてくる
udon

udonの感想・評価

3.8
主人公同様、濃い二人に振り回され
ずっと不安でこわかった。

訳もわからないまま、
止まることができない行軍の怖さ。
仕事でもありますね。
だだ進むしかない状況って。
LcK0812

LcK0812の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく配信で見てはいけない映画だった。
テイラー・シェリダン×ドゥニ・ヴィルヌーブですよ。
ヘビー級のガチマッチであり、戦闘シーンやテーマの重苦しさも去ることながら、そう来たかと唸らされたプロットは素晴らしかった。
ただ初期の主人公であるケイトが、頑なにメキシコに来る前の自分を変えられなかったのはいただけない。
もちろんアレハンドロの行動は身勝手で自分の都合ばかり優先している。
やはり物語の主人公には、一矢報いるなりなんらかの成長や変化をしてほしいものです。
アクション他は実に良かった。
>|