ボーダーラインの作品情報・感想・評価

ボーダーライン2015年製作の映画)

Sicario

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「ボーダーライン」に投稿された感想・評価

sana

sanaの感想・評価

2.6
戦争とはまた違った感じの話
私的にはちょっと微妙

絶対的な悪い奴を
どんな手を使ってでも捕まえるか
法にのっとり自分の意志を貫き通すか
難しい所だなっと感じた
主人公の責任感が強い感じとか
男と対等に仕事してる所は凄く好き
梅スタ

梅スタの感想・評価

2.5
メキシコ国境での麻薬戦争の映画。麻薬戦争なんて終わらへんし、憎しみの連鎖も終わらへん。

暗視ゴーグルつけてトンネル入っていく緊迫した場面を一人称視点で撮ってて、『プレデター』に似た緊張感を覚えた。他にも聴覚で見る者に思わず手に汗握らせるシーンが多かった。

「花火見よう」て言うて、麻薬カルテルの銃撃戦で赤い光が飛び交ってるメキシコを眺めるシーン渋い。メキシコの治安ゴミ。実際に汚職警官だらけやろし怖い。

主人公あんだけ華奢やのにFBIで部隊率いてるとか説得力無いわ。首めちゃ細いもん。ばりばり鍛えてる人の首じゃない。
Soh

Sohの感想・評価

-
「妙なマネしやがったら娘を20人に強姦させる」
はるか

はるかの感想・評価

3.5
アメリカとメキシコの国境で起きている麻薬戦争を描いた映画。
凄まじい銃撃戦の連続で見応えがあった。
ただわたしには少し難しかった。
特に前半は話が分からず主人公同様に、え?え?と思いながら観ていた。
2回目を観る元気がないので観た友達に説明してもらおうと思った。

ベニチオデルトロが古谷一行にしか見えない。
NaoaN

NaoaNの感想・評価

3.5
しっかりとした作りの映画。
一昔前は、コロンビア系『メデジン』頃の作品は良く観てたが、暫くこの手の作品から離れてたので『ようこそフアレス』のギャップに少し驚いたが観応えはなかなか。

後半ベニチオ・デル・トロのワンマンアーミーっぷりがかなりの違和感だったが、ラストのサインの件の2人の葛藤はなかなか良かった。

続編は観たい様な観たく無いような…。
薄

薄の感想・評価

3.4
近年流行りのメキシコ麻薬戦争もの。ヴィルヌーヴはブレードランナー2049があんまりだったのでどうかと思ったが、これは良作。

要は2時間掛けて「そんな甘い世界じゃないんだぜ」と思い知らせる映画。過度な描写や展開、余計なおかずを加えず淡々と描いた事で、主人公がじわじわと現実に追い詰められていく様子がリアルに感じられたのが良かった。トンネル内の銃戦等のアクションや無法地帯メキシコ描写も○。
HIRYU

HIRYUの感想・評価

3.5
いろんな意味での「ボーダーライン」
正義感強めの主人公がメキシコ国境付近で麻薬取締を頑張る話。
余計なサウンドとか無くて緊張感すごい。
ラストの暗視装置のシーンも実際に潜入してる感じで楽しめた。
ただ面白いかと言ったらまあまあかなあ…なんかあと一歩感

「たばこ1本もらえる?」

2019 79
>|