TakashiSawa

グレイテスト・ショーマンのTakashiSawaのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
4.1
US の映画館で鑑賞。こんなに大興奮の連続なミュージカル映画は久しぶり! とにかく音楽すばらしすぎる! ビートの効いたアップテンポな曲は四つ打ちの力強いリズムに興奮させられたし、男女のデュエットは掛け合いの美しさに心がうずうずして、大人数の曲ではハーモニーのかっこよさに痺れた! まさにミュージカルのために書かれた音楽って感じで、ミュージカル好きにはたまらない。

そして、ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンとのデュエットも最高にかっこいい(けど、ザック・エフロン久しぶりに見たと思ったらおじさんになっててびっくり)。

もちろん音楽だけじゃなくて、ダンスもよかった。舞台では決してできない映画ならではの演出もよく、陰影の使い方やカメラワークは美しくてダイナミック。息を付く間もなく最後まで観てしまう。

内容的には物議を醸すかもしれないチャレンジングなラインを感じたけれど、誰しもが光のあたる舞台に出てスターになれるんだ、という「真の人間性の平等」というメッセージはなるほどなと思った。まさにこれがアメリカン・ドリームなのかも。「物議を醸すかもしれない」だなんて思うのは日本人的な考えなのかもしれなくて、相対的平等と絶対的平等の違いのような大事な視点に気づくことができた気がする。

あと、最初にバーナムと妻のミシェルが交わす、

— This is not the life I promised you. Not even close.

— But I have everything I want.

という会話が印象的だった。最初は、ミシェルってなんて良妻なんだ、と感じただけだったけれど、これが劇中に何度も頭の中に蘇ってきて、最近観た “Gifted” のように「幸せの定義」について考えさせられた。そういう意味ではストーリーはとてもシンプル。だけど、素晴らしい音楽に胸が踊って、エネルギッシュなダンスに興奮し、サクセス・ストーリーに感動したり、仲間の大切さに心を打たれる。そして、愛の尊さに涙を流す。個人的には、ミュージカルはやっぱりエンターテイメントなんだから、わかりやすくて、笑って、泣いて、あーよかった! で終わるのでいいじゃん。そういう意味では、作品の最後に登場する P.T. Barnum の名言に心から感動した。

それにしても、このバーナムという人はすごい人だったんだな。自分の仕事っぷりを振り返って、もっとがんばらないとな・・・って反省してしまった。


いやー、観て本当によかった。日本でロードショーになったら、間違いなくもう一度観に行くと思う。

最高!