tetsu

グレイテスト・ショーマンのtetsuのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
3.4
<<祝!本日公開!!>>

実は、いつもお世話になっている109シネマズさんの試写会でお先に鑑賞させていただきました!!
(109さん、ありがとうございます!!)

突然、無職になった二児の父"P・T・バーナム"
彼は幼き頃からの夢、
"エンターテイナー"になるために、
ワケありな人々を集めて、サーカスをすることに...!

なんと、今回は各地で同時に109系列の映画館が試写会をしていたようで、上映も特別仕様!
上映前には、ヒュー・ジャックマンさんからの限定メッセージが流れ、上映終了後には"バブリーダンス"で一躍有名になった"登美丘高校ダンス部"と本作がコラボした特別映像が流れるという豪華な演出でございました!
(そちらの映像はレビュー終盤、"参考"のリンクに貼らせていただきますね。)

しかし、
実際のところ、楽しみきれなかった。
というのが正直なところ。
( ̄ロ ̄lll)

それもそのはず、
夜勤あがり、そのあと6時間の労働と、完全にバイトの社畜に成り果てたことによって、目は起きてるんだけれども、意識が半分寝ているという...。苦
これは完全にやらかしましたわな...。

そんな僕の感想ですので、
あまり参考にしない方が良いとは思うのですが(←じゃあ、書くなよ。笑)
次回、改めて観る前に折角なので今回の感想も書かせてもらいますね...。
(駄文になっていたら、すいません。)

20世紀FOXのロゴから、こだわって始まるオープニング。
もう、これが素晴らしくて、素晴らしくて、テンションが上がるわ上がるわ、で、そのあとも素晴らしい楽曲が続くのですが、あれ?
ヒュー・ジャックマンさん演じる"P・T・バーナム"さんの行動が少しずつ、迷走しだしまして(ネタバレの危険性があるので後述。)、自分が観たかったのはこれじゃない...。
と思ってしまいました。

詳細は以下で...。
(ネタバレ注意。)



*******************************************


主人公のP.T.バーナムさんは、社会の目や、名声の欲しさが影響して、そそくさと自分の作ったサーカスから、オペラ歌手の営業へとシフトしていきます。
この展開が"えっ~!!"となりまして、もちろん、キャラクター達の挫折や苦悩は予想の範囲でしたが、これには流石にガッカリでした...。
もちろん、実話を基にしていると言えば、仕方ないのですが、
いや、完全にサーカスから逃げてるじゃんw。
そんな彼が、最後に「家族が一番!」と気づくのも、最初の時点で気づいていたはずで、あまり進歩してないんじゃ、と思ってしまいましたし...。
個人的には、サーカス団のキャラクター達が魅力的だったので、彼の迷走を描く時間があれば、一人一人の苦悩を描ける時間があったはず...。
正直なところ、サーカス団の中でも、
ザックエフロン演じる"フィリップ"とゼンデイヤ演じる"アニー"の恋。
キアラセトル演じる"レテー"の苦悩。
とそこだけに絞っていたのは、少し残念でした...。

実際、ヒュージャックマンさんの「レ・ミゼラブル」といい、ザックエフロンさんの「ハイスクール・ミュージカル・ザ・ムービー」といい、名作ぞろいのキャスト&「ラ・ラ・ランド」のスタッフと聞いて、期待値が上がりすぎていたのかもしれませんね...。



*******************************************


というわけで、筆者の大失態のわけで、万全の状態で楽しめなかったのも影響し、
細かなところでウダウダ指摘してしまう感想になってしまいましたが、
一緒に鑑賞した友達も「ララランド」超えを宣言するほどハマっていましたし、
音楽に関しては、ここ最近の映画の中でもピカイチのクオリティだったと思うので、ミュージカル好きの方には、是非、鑑賞していただきたい一作でした!!

参考

登美丘高校ダンス部×『グレイテスト・ショーマン』|This Is Me~これが私~
https://youtu.be/DEdHqXCQ6jY
(↑こちらが例の映像。"バブリーダンス"とは違った様子の彼女達が見れます!)

『グレイテスト・ショーマン』米国で異例の“じわじわ”大ヒット!その理由は観客の熱狂的支持 | THE RIVER
https://theriver.jp/greatest-showman-slow-burn/
(↑批評家の方で合わない方も一定数いたようですが、多分、睡眠不足が原因かと。笑)

<ゼミの課題作品⑦ー1>