そうめん

グレイテスト・ショーマンのそうめんのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
3.6
実在の人物をモデルにしているが、伝記ではないし、史実が~とか野暮なことは言わせない。巧妙な宣伝とも相まって、観客が観たいものを楽しめる超エンタメ作品となっている。
観たいものだけを観るという姿勢は、劇中でも問題になる。下層階級から出発した主人公が成功を収めて自らが上層階級に属した時に、どういう態度を取るのか。このあたりの描写はリアルで人間的なのだが、あまり突っ込んでいかず、「This is Me」で大団円を迎える。
ミュージカル映画として、歌も踊り(アクション)も素晴らしい出来栄えだ。加えて、あまり難しいことには触れずに観終えることができるのも、特筆すべき長所と言える。いまの時代、この日本で求められている映画であることは、大ヒットが証明している。