かずま

グレイテスト・ショーマンのかずまのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
3.6
"強みを伸ばす"


圧倒的音楽と煌びやかなステージ演出からくるエンターテイメント性。
それだけでも食いつき、評価する人も一定数いるのだからこの人気でしょう。この作品の間違いない"強み"だ。

一方で良くも悪くも、バーナムによるバーナムのための感覚が残る(悪い意味ではなく)全体ウケはしないであろうドラマ性。

バーナムが偽善だどうだ言う気はなく、むしろ悪気のない好奇心と成長意欲は、主人公の偏りと芯のバランスがあって大好き。


名曲だらけの中でも最も好きな「This is me」
フリークスと呼ばれる彼らの葛藤と、乗り越えるからこその輝きに感情移入できない理由はないのに。

なぜか表面をサラッと撫でられた感覚。

実質として見世物だろうとなんだろうと、サーカスを居場所として選んだ、彼らの"選択"を"決心"を確かに噛み締めて観たかった。

このバランスしか取れなかったのか。
これがベストだったのか。

「まあまあとやかく言わず、曲はよかったでしょ?」
と聞かれれば勿論首は縦だし、ヘビロテするんだけれども、やっぱり斜めに力がかかる。

LALALANDに続き、ちょっと苦戦のミュージカル映画でした。