オル

グレイテスト・ショーマンのオルのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
5.0
曲が印象的な映画。

主人公は実在した人物を元にされているらしい。これは調べれば出てくる。バーナムという名前だそうだ。

つまり、この作品はただの感動的な作品と見るか背景を見るかで印象を変える。

ここでまず実在の人物と切り離して考えるか否か。実在の人物の事はわからないが恐らく一筋縄ではいかない人物だったのではないかと勘繰ってしまう。

であるならば、実在の人物とは一旦切り離してこの映画に入りたい。

その上で、ストーリーは実に薄っぺらい。特に中身はないと言っても過言ではない。

むしろ、物語の背景や設定を鑑みると危うささえもある。

だが、この作品の魅力はそこにあらず。
注目すべきは各場面と音楽。

各場面に適した音楽をミュージカルとして用いているところ。ここにこの作品の真骨頂を見た。

映画を鑑賞しているというよりもミュージカルを観劇しているというよりも音楽を観ているという感じ。

印象的なシーンに彩られ脚色された音楽の素敵な事よ。

こんな映画はなかなかない。