misachin

グレイテスト・ショーマンのmisachinのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
3.1
うーん。のれませんでした。

ストーリーも人物も、音楽も…。
ミュージカル、好きなんだけどな…。
好みの問題?
評価の高い方にはごめんなさい。

まず、心を激しく揺さぶるようなドラマチックなエピソードが足りないし、ストーリーが単純すぎる…。
その上楽曲はズンズンチャッチャとビート感があって今風で、あまり好きではなかったです。(本当に、好みの問題(^_^;))

あくまで1人の偉大なショーマンとしてのエンタメ物語なら、曲もマッチしていたと思うけど。題材であるフリークショーの意義とか、差別に苦しんだ時代背景を考えると…明るさや力強さが、なんだかモヤモヤ。

史実に基づくとバーナムは聖人ではないだろうから、感情移入出来ないのは仕方ないとして…。
その代わりもうちょっと団員をそれぞれを掘り下げて描いてたなら、曲が心に響いてたかも!This is me なんかも。
せっかく映画にするんなら。

どれだけ圧巻の歌声やダンスも、ただボンヤリとショーを眺めているような気分で、誰にどう感情移入すればいいのやら?
大して感情移入しなくても済む、楽しいノリのミュージカルならいいんだけど…。

Never Enoughなんかは素晴らしい曲だと思うけれど、曲を聴く間、誰に思いを馳せればいいのかしら?と。
満ち足りない…?ですと?
みんなの存在感は、いずこ。
もしかしてレ・ミゼラブルくらい尺を取ったら、オペラ歌手リンド自身の内面とかも描ききれたんでないの?!

レ・ミゼは、どのシーンもどの曲でも泣けるくらい大好きだけど、あれが退屈でたまらんという人もたくさんいるであろう事を考えると、単純に私の好みの問題なのでしょう。
ララランドは、そういう意味ではドラマパートも楽曲の雰囲気も、すごくバランスが良かったかもなー。

ちなみに飛行機での鑑賞ですが、劇場で観ても感想は変わらなかっただろうと思います。かなり期待値が高い作品だったので、余計こんな評価になってしまいました。。

ただ、ヒュー・ジャックマンの歌い方はやっぱ好き♡