Yamada

グレイテスト・ショーマンのYamadaのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
4.3
P.T.バーナムという実在の人物を描いたミュージカル映画。
『グレイテスト・ショーマン』は評論家からの評価はあまり良くなかったようですが、観客からは高く評価されミュージカルとして世界3位の興行収入を上げたらしいです。

最後にバーナムの言葉として"最も崇高な芸術とは人を幸せにすることだ"とありますが、この映画はまさしくバーナムのこの言葉を体現していると思います。

また、音楽を担当したのは『LA・LA・LAND』の作曲を手掛けたベンジ・パセックとジャスティン・ポールで、非常にアクセントの効いた耳に残る素晴らしい音楽を作り上げています。
冒頭のミュージカルシーンを観て私は直ぐに映画に釘付けになってしまいました。

そして、目の前の煌びやかな物や世界に憧れて本当に大切な物を見失ってしまうことへの恐怖を感じました。本当に大切な物(友情や愛・誇りを持てる仕事など)は目には見えない物なのだと。
それ以外にも他者の自分の違う点や多様性を受け入れることの大切さ、素晴らしさをこの映画は説いています。

自分はテレビ画面でこの映画を観ましたが、映画館のスクリーンで観たい一本になりました。コロナが治ったら是非再上映してもらいたいです。