鉄

グレイテスト・ショーマンの鉄のレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)
2.8
サーカスを成功させていく男の映画。

ミュージカルのシーンは全体的にとっても良い。歌姫のジェニーリンドのシーンは鳥肌モノで、結構感動した。バーの交渉ダンスやオープニングのシーンも迫力があって引き込まれた。とっても良かっただけに…

博物館の売上を上げるためにまず小人や髭の生えた女性を「ユニークな人」としてショーで見せ物にするという倫理観は頂けない。もちろん当人達が良ければそれでいいとは思うけど、嬉嬉としてやる主人公には「違うだろ?」と。新聞で酷評されるのも当たり前というか。

終盤の展開も「え?」って感じで。劇場は焼失して負債は多額でこれからどうすんのかな〜って見てたら…あんまりスッキリとしない解決というか。それを早く言えよと思ってしまった。そこからラストまでの流れを全く描かないのもどうかと思った。

これを美談として描いているのはかなり危険というか野蛮というか…全体的にあんまり頂けなかった。