グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

あらすじ

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

あべべ

あべべの感想・評価

5.0
上海の劇場にて、日本での公開前に鑑賞!!

久しぶりに評価5点満点をつけます。本当に素晴らしかった。

レミゼのヒュー・ジャックマン、そしてハイスクールミュージカルのザック・エフロンというミュージカル映画にとって最強すぎるキャスト!!!!ブロードウェイ女優も出てます!

歌も演出も、全てがストーリーを盛り上げてくれます!1曲1曲が素晴らしい!早速サントラを探しています。

劇場で観ないと損しますよ!ミュージカル映画ですからね!
S子

S子の感想・評価

-
あまり好きじゃなかった
DvDかった
shomaya

shomayaの感想・評価

3.3
個人的にミュージカル映画はあまり観てないのですがやっぱりストーリーと言うよりは迫力のある音楽、ダンスを観たい人には素晴らしい映画です。
nemume

nemumeの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

 障害や性別や人種を問わず、暗闇で生きている人々がじぶんの存在を恥じることなく、自尊心や居場所を獲得していく。こういったテーマはよくある。しかし、ある属性が絶対的な正義として君臨したり、別の属性が悪として描写されたりして、正義‐悪もしくは味方‐敵という単純な二元論に陥らないバランス感覚がすばらしい。弱者が強者に一撃を食らわせる復讐じみた逆転劇に堕していない点もよかった。
 ありのままの姿を見せるといっても、ここでスポットライトを浴びる者たちは、一般的に容姿端麗とされる人ではないし、社会的に高い地位があるわけでもない。それどころか、有り体に言ってしまえば“奇形”な人々だ。身体的なことに限らなければ、人は誰しもどこかに奇形を持つ。その歪さが一人ひとりの人間に色を乗せている。

I am brave, I am bruised
I am who I'm meant to be, this is me
私は勇敢 アザだらけでも
これがありのまま これが私だから

 音楽はどれもすばらしいけれど、なんといっても This Is Me が会心の出来。社交界の人々や街のヘイターたちをかき分けて舞台へ向かう姿は心を動かされた。キッと強いまなざしをフィリップ(ザック・エフロン)に投げかけるアン(ゼンデイヤ)の表情には射抜かれるような気持ちになる。
 ザックとゼンデイヤは互いにディズニー・チャンネルの出身。特にザックは『ハイスクール・ミュージカル』や『ヘアスプレー』などのミュージカル映画を経て、こうした作品でまたその姿を見れることに感慨深さもある。どこか情けなくも何故だか憎めない表情は彼の持ち味と思ってる。
 チャン役で小森悠冊という日本人も出演。
 P・T・バーナムが美化されているとの批判もあるけれど、伝記的な映画というよりは、あくまで彼の半生を下地とした物語という感じで観たので、あまり気にはならなかった。

I'm not scared to be seen
I make no apologies, this is me
誰に見られても怖くない
もう迷わない これが私
Mnm

Mnmの感想・評価

5.0
ミュージカル最高!!
KouAraki

KouArakiの感想・評価

3.0
ミュージカルは元気でるし好きだけど、自分には思ったほど響かなかった。
N

Nの感想・評価

4.2
音楽
めっちゃよかった
話は大したことないハズだけど、
歌と雰囲気に飲まれる。
1日で3回見てしまった笑
>|