グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

5.0
2回目も感動の涙。そして1回目気づけなかった細部までのこだわりに感動。

3回目も感動。素晴らしい。全部の曲が好きだと再確認。まだまだ何度も観たい。

4度目。ただただ好き。

***
19世紀に生きた伝説のショービジネスマンのP.T.バーナムの半生を、素晴らしい音楽と素晴らしいダンスと非の打ち所がないほど1コマ1コマ美しい芸術のような映像で蘇らせる、最高のエンターテイメント。

最初からエンドロールの最後まで、この時間が終わってほしくないと思うとほど惹きつけられる、まさに最高のショーを観ている気分にさせられました。あまりにも感動しすぎて、なぜか涙が流れてきました。出演者1人1人の個性と才能がギュギュッと溜め込まれた幸せな105分をありがとうございます。

見る人を幸せにすることを目指したP.T.バーナムの半生を、心躍らせる映像で蘇らせてまた私たちを楽しませてくれるという演出のセンスと、大衆の幸せのためのショーを貫いたP.T.バーナムのショーのように、良い意味で大衆的で老若男女感動できる歌やダンス、誰もが個性を持っていて輝けるんだっていうシンプルだけど力強いメッセージや、家族、友情の大切さが詰まっていてとても良かった。

何よりヒュー・ジャックマン自身が7年もの年月をかけて制作やキャスティングまで関わったという点が、ウルヴァリンなどゴリゴリ系イメージのある彼が実はやりたかったものがこの映画に表現されているんだなと、グッと来てしまいます。

バーナム氏はただの見世物で稼いだビジネスマンだという見方もありますが、劇中歌で最も話題になっているThis is meのシーンで、”フリークス”たちが民衆に立ち向かう力強いシーンが示すように、見世物ビジネスが彼らに自立して生きる糧を与えたのも事実で、見世物と当時の流行りとなったことも事実で、バーナム氏が現代のショービジネスの礎を気づいたのもまた事実。なんなら当時の上流階級のためだけの”本物”だけでなく、大衆向けのショーを作った、バーナムの功績は大きい。

この映画の1つのテーマでもあった芸術が本物かどうかという問題は、バーナムの最後の言葉にあるように見ていて幸せになれるのか、感動できるのか、ただそれだけな気がします。それを教えてくれるのがまたこの映画だと思います。

結論、心揺さぶられました。また映画館に観に行きます。DVDも絶対買います。サントラはもうダウンロードしました。
Yankichi

Yankichiの感想・評価

4.5
ここ最近では、一番良い映画でした!歌もダンスも最高です!
いちご

いちごの感想・評価

4.7
サントラ聴きまくりです
冒頭からもってかれました
miyu

miyuの感想・評価

-
最初の1シーンから鳥肌。
挿入歌全てが良すぎて、1曲終わるたびに拍手をしたくなる。
erika

erikaの感想・評価

4.0
すごく観てて楽しかったです
ザックエフロンのキャラがよかったなあ
ゼンデイヤとのデュエット好き!ってなったのでサントラ聴きます
ストーリーよりは歌とダンスに魅せられていました 本当に動きがすごくて語彙力失う
ストーリーとしては個人的にはララランドの方が全然しっかりしてると思います
扱ったテーマ的に深入りできなかったのかな
でも歌とダンスが本当によかったのでやっぱり映画館で観るべき映画だと思います。
思ってたのとは違って居たけど、色々な人に感情移入出来て、いつ観ても元気が貰えそう
ダンスも歌詞も素敵です。
一応実話モチーフだと言うことらしいが、作りが丁寧かつ話のテンポもよくて、観やすく感情移入しやすい

楽曲もどれも素晴らしい

(でも心が渇れてるので泣けませんでした、つら)
飛行機の小さい画面で見たけどこれは映画館でいい音のする環境で見るべきだと思った
Jzn

Jznの感想・評価

4.3
awesome x)
>|