グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

視聴者をギリギリ振り落とさないぐらいのスピードでのストーリー展開が心地良い。
歌唱シーンに入るたびに涙が出て困った。
ゆな

ゆなの感想・評価

3.5
歌は良かったけど、ストーリーは良くある感じで斬新さは感じられなかった。
あやか

あやかの感想・評価

5.0
大好きな映画の1つ。
success story
dsuke

dsukeの感想・評価

2.9
楽曲全振りミュージカル映画。同じミュージカル映画でも、プロモーション当時から宣伝文句に使われたラ・ラ・ランドやレ・ミゼラブルと比べると残念な出来。

個人的にミュージカル映画のミュージカルは、本来は歌や踊りで表現しないような行動や心情を、敢えてミュージカルにして観客に向けて表現する手法であり、あくまでストーリーを彩る手段だと考えている。しかし、この映画では素より歌と踊りが必要な場面をそのまま表現している印象だし、手段であるはずのミュージカルが主役になってしまっている感が否めない。

また、マイノリティーにスポットライトを当てて多様性を描きたい映画だとしたら失敗作。映画のテンポを重視したためか、マイノリティーたちが深掘りされることはほぼない。結局のところ、舞台がサーカスという”見世物”であるから、仕方がないといえばそれまで。それが現実なのだろうし。

逆に、”見終わってなんとなく楽しかった!”という結論に陥る点では、エンターテイメント映画として成功していて、皮肉なことに”グレーテスト・ショー”といえる。役者として善人オーラを隠せないヒュー・ジャックマン起用が、それを助長してしまっている。

楽曲と色彩、ミュージカルシーン自体は確かに素晴らしい。良質な映像と音響が担保された映画館で見るべき作品だった。

曲が現代的すぎて、映画の雰囲気(時代など)に合ってないとか、違和感を挙げだすとキリがないので、これでおしまい。
めちゃくちゃおもしろいです(*>ω<*)

歌も最高。ストーリーも最高。踊りも最高。

流行ったTHIS IS MEの歌詞は、話の展開に合っており、迫力もあり鳥肌が立ちました。
私は私。どんなに非難されようと、どんな目で見られようと、私は私。
隠れる必要もないし、醜くもない。
自分らしくいればいいのさ。

この歌詞で勇気付けられる人は多いのではないかな。
羽田-ドバイ機内
ankimo

ankimoの感想・評価

4.1
スパイじゃないレベッカファーガソンが見れて大満足。
彼女だけ歌は吹き替えらしいけど(あまり上手くなかったらしい)、本当に歌っているような力の入った演技は見事でした。
不満があるとすれば役どころかな…

今後の活躍に期待。
奈保子

奈保子の感想・評価

4.5
記録

又時間のある時に書き込みます。
観る前に想定していたよりも随分素晴らしい映画だった。ミュージカル映画に良くある"歌を歌い出せば困難が全て立ちどころに解決されてしまう問題"がこの映画にも多少の違和感を与えているとしても、だ。フリークスと呼ばれた人たちや、肌の色の違いによって差別されていた人たちにきれいごとに終わらせずスポットライトを堂々と当てた快作として、ここ数年のミュージカル映画の中では抜群だと感じた。
>|