ネオン・デーモンの作品情報・感想・評価

ネオン・デーモン2016年製作の映画)

The Neon Demon

上映日:2017年01月13日

製作国:

上映時間:118分

3.3

あらすじ

「ネオン・デーモン」に投稿された感想・評価

MARCH

MARCHの感想・評価

3.3
ホラー映画だったのか!
ドラキュラを彷彿とさせます。
エルファニングがぐうかわです…
肌がつるっとしていない感じといいますか、ヘアメイクがとても丁寧な映画な印象です…
そしてアビーリーが綺麗過ぎます…
キアヌリーブスは、全く気が付きませんでした…
Qbert

Qbertの感想・評価

2.5
え、やっぱキアヌリーブスだよね?(笑)(笑)管理人の役なんてやるんだ(笑)

ダメダァ、、私には全然わからなかった…
もっとなんか女のドロドロを見るつもりで借りて来たんだけどなぁ、
私の好みではないけど、モデルの人ってあんなに可愛いくなったらかっこよくなったりできるんだね〜、

えっ食べたの?!
なるほど...
ルビー...ジョアンナが抜けない

このレビューはネタバレを含みます

この作品に必要なのは
罵倒か称賛 その何れかだろう

良かったやイマイチなど曖昧な評価など全く価値がない

対局と個 動と静 または 大きな動の中の動
とてもうまく表現した作品である

しかしながら私も罵倒にも称賛にも値しない無意味なレビューをしている

本作のピークは開始直後のヒロインが横たわるシーンだと最初は思ったが全く違った

その後も続くミステリアス生での感情の揺さぶり
釘付けになる視線

評価せざるを得ない義務感の中唐突に終わるストーリー


年一本くらいでている怪女優ベラ・ヒースコートが作品をまた凄く際立たせる



一つだけ文句をつけるなら演出、美術のクドさ
リフレインでは片付けられないしつこさ

しかしそれでいて流れを崩さない所は素晴らしい


少々グロテスクではあるがいい作品
エル・ファニングが綺麗。

映画も映像綺麗で音楽も雰囲気も
お洒落だから綺麗なもの観たさで
観たんだけれども…!!!

ホラーを観る感覚でないと
グロ慣れしてない私には大変刺激が
強い。結構真面目に後半引いた。
グロいのみるぞ!って意気込んで
観なきゃキツイです。
嫉妬の字は’’ おんなへん’’です。本当に。
Taichi321

Taichi321の感想・評価

2.7
エルファニングが綺麗

音楽、映像が独特
prrr

prrrの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

全体を通してキャラクターの描きこみがあまり細かくされない。
会話も型どおりという感じでキャラクター一人ひとりに意外性がなく、
「モデル業界で整形も枕営業もいとわず切磋琢磨してきたけど年齢的に限界を感じているモデルたちの嫉妬を一身に浴びる、若さと経験不足ゆえに大胆不敵でそれがかえって眩しく輝くダイヤの原石」
みたいな型通りの設定しか読み取れない。あっそれ知ってるよ!上履きに画鋲入れるやつだよね!ってなる。

メイクのルビー(笑顔と真顔のギャップが素敵)が一人だけ型にはまらず底しれない感じを出すんだけど結局そんなに底知れなくなかった。残念

力の入ったイメージシーンのひとつひとつは映像としては印象的でもかなり長くて、
意味深ではあるけどそもそもキャラクターの描きこみが浅いので、そこから何かを読み解くのが難しく正直なところ面倒で、かなり冗長に感じられる。

そんな感じなので、彼女たちを追い詰める狂気に差し迫ったものや切実さがほとんど感じられないままラストの展開を迎えてしまい、
ん?もしかしてこの構図を、この映像を撮りたかっただけなのでは?って疑念が爆発していたところ
ラストシーンにぼん!って出てきた
"FOR LIV(ハートの絵文字付き)"という、映画を映画として前情報とか抜きに観てる観客にとっては全く意味を知りようのない文字(あとで知ったがインスピレーションをくれた妻への謝辞らしい)が出てきて、
あ、もしかして本当に監督の撮りたいそれっぽいフェティッシュな映像に付き合わされただけだったんだな?
末永くお幸せに!さらば!
という気持ちになった

この世には可愛げのあるつまらなさと可愛げのないつまらなさがあると思ってきたけどこの映画は私にとって圧倒的後者

エル・ファニングは最高に可愛く美しかったのでそれはとてもよかったです
りさ子

りさ子の感想・評価

2.8
わたし「キアヌ、、リーヴス、、、?、、!」
Anna

Annaの感想・評価

2.0
くそほどおもしろくなかった
トレイラーをみていて、一か八かだな、、(ブリングリングみたいな感じかな、、)と想像していたのだけど、
180度違った けど、なぜこの映画作った?感は全くおなじ
いちばんはじめのシーンでなにが起きるかわかってしまったし、ほんとうにその通りに動いたし、他にもそうやって種を蒔いているんだけど、わかりやすく蒔きすぎ、、
もしかしてジム・ジャームッシュのリミッツオブコントロールがすきなのかな?と思うことでどうにか集中力を保った
出てくる俳優は素晴らしいし、色彩も写真映えする感じだけど、なぜエルファニングこんなのにでるの、、?
これだけ長々と面白くなさを書ける映画はなかなか無いので、そういう意味では面白い
>|