ネオン・デーモンの作品情報・感想・評価

ネオン・デーモン2016年製作の映画)

The Neon Demon

上映日:2017年01月13日

製作国:

上映時間:118分

3.3

あらすじ

「ネオン・デーモン」に投稿された感想・評価

キラキラチカチカ。抽象的過ぎるんだけどお話としてはよくある醜い話なんだよね。エル・ファニングが好きだからかなり期待してみたんだけど可愛さが微妙だった( ¯•ω•¯ )なんだろう⋯⋯違和感。
saki1

saki1の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

美しさを振りかざす美しい女とそれに妬む作られた美の女達の、包丁を握ったデスゲーム…。美しい女を食べて美しくなろうとする発想は天才!わかる!
光と構図が綺麗なオシャレ映画かと思いきや女達の感情のぶつけ合いの戦いだったし、ほんとにこういう女の醜さと美しさを押し出したもの大好き。これが女だよ。
こういう映画もあるのか、と。
食べた、って比喩かと思ったら違った。
Seina

Seinaの感想・評価

-
不気味過ぎて途中から観れなかった
Alfred

Alfredの感想・評価

3.4
怖くないから構えずに観て大丈夫
Umi

Umiの感想・評価

3.9
映画というかもはや芸術?
カメラワークといい、人の配置といい
全てが1つのアート作品

時間の使い方贅沢すぎて無理な人は
すぐ飽きるかもしれない笑

テイラーヒル一瞬しか登場しなかったけど見つけた瞬間すごい興奮した!!

あとキアヌの無駄遣い?
でもいい味出してた笑
can

canの感想・評価

3.5
彩度が高くて完璧な構図で撮られた映像が素晴らしい。ラストにかけてなんかすごいもの見てしまった感
Col

Colの感想・評価

4.0
華のない男が、華がありすぎた主人公の物語をレビューするのも如何なものか?

と考えていたがこの作品のすばらしさにそんな思いは杞憂に終わった。

久しぶりに映像で魅せられた作品。美麗な描写の連続にため息がでる。計算された画角、余計な動きのないカメラワーク、シーンチェンジの繰り返し、端にうつる小物にすら徹底的な美的センスを感じる。人によっては中身の無い空っぽな作品という人がいるかもしれないがこの映画で表現したいものはそういう点ではない。また主役のエル・ファニングの美貌が洗練されたカメラワークと一体化し絵画のようだった。観ている間、何度も夢心地な気分に陥った。この映画を見始めたころは映画を見ない人にも絶対薦めようと思っていたら、後半を迎え突然万人にはお勧め出来ない展開を迎える。例えていうなら時速80Km走行中、いきなりサイドブレーキ切られたかのように・・・

ただまぁ差し引いても滅多にメディアを買うことないが、この作品はメディアをかって何度も見たくなる作品の一つになりました。
momoko

momokoの感想・評価

2.0
カニバリズム映画
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.3
ーかわいすぎるエルファニングー

ついにド変態監督レフン氏が
エルファニングを…と思って警戒しに見たら結構真っ当なストーリーで。
田舎から出たての主人公エルはモデルの
世界を夢見る。彼女の天性に触れた人々は魅了され、スターへの道を
駆け上がろうとするが…
これはほとんど現実のままやね。

しかしラストにかけて物語の飛躍が
凄まじくて、その辺『あ、これこれ〜
オンリーゴッドの人の映画だあ』と逆に
安心できた。
エンディングのクレジットシーンも
見もの。美しさのヴァルハラのような所を一人歩く女性、その気高さの裏に何があるか…という…レフンさん業界で何があったんすか?
>|