ラザロ・エフェクトの作品情報・感想・評価

ラザロ・エフェクト2015年製作の映画)

The Lazarus Effect

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:83分

2.7

あらすじ

研究者フランクと婚約者のゾーイたち研究者グループは「死者を蘇らせる」ことができる「ラザロ血清」の研究に日夜没頭していた。ある日、実験の最中にゾーイが事故で感電死してしまう。悲しみに駆り立てられたフランクは研究員の制止を振り切り、ラザロ血清をゾーイに投与して彼女を死の淵から蘇らせることに成功する。しかし、復活に喜ぶのも束の間、ゾーイの身体に様々な異変が起こり始める。死からの再生という禁断の研究に足…

研究者フランクと婚約者のゾーイたち研究者グループは「死者を蘇らせる」ことができる「ラザロ血清」の研究に日夜没頭していた。ある日、実験の最中にゾーイが事故で感電死してしまう。悲しみに駆り立てられたフランクは研究員の制止を振り切り、ラザロ血清をゾーイに投与して彼女を死の淵から蘇らせることに成功する。しかし、復活に喜ぶのも束の間、ゾーイの身体に様々な異変が起こり始める。死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた研究員たちを襲う恐怖と絶望のなか、我々は死ぬよりも恐ろしい“死のその先の恐怖”を目撃する―

「ラザロ・エフェクト」に投稿された感想・評価

脳の覚醒により
超能力や
死後の世界が解明!
と思いきや
そっちに行っちゃったかぁ

犬はどこへいった?
ラール

ラールの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

単に殺すではなく、同族にしてしまうところがおぞましかった。
あと、前半に出てきた犬がどうなったのか少し気になった。
設定が面白いし、夢物語なりに説得力がある事って重要だと思う!(脳のリミッターを外したところで物理はどうにもならない気はするけど)

ただ、ほらビックリしたでしょー!的な安っぽい脅かし方にひたすら苦笑させられるし、後半のスケール縮小でみるみる減点。なんか残念だなぁ
kayo

kayoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

一度死んだらそれで終わり。

生死に背いちゃダメよ。

エヴァ可哀想に。。。
どうせ殺すならサッとやったれよ。
生き返った者の苦悩も描かれてなかなか面白かった。
電子タバコが詰まったわ!
ハテナ

ハテナの感想・評価

1.5
死者蘇生系オカルトホラー。復活したからおかしくなるのか、血清の作用でおかしくなるのかが微妙だった。

観た日:2017/06/18
MaiSetsuna

MaiSetsunaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

色々と参考にするシーンがあり。
なんか演技が上手くて鳥肌立った。
死んだ人を生き返らせたいのは分かるけど
なんかすごく恐怖を覚えた。
最後の終わり方がすっきりしなくて
続きがすごく気になる。
ラザロ ー 死んで4日目にキリストが蘇らせた男。

ホラーは苦手なのに、何故かこれはいけそうな予感がして。

最近のNetflixって改悪が続いていて、映画の説明に主演キャストも監督も表示されなくなった。これすげー困る。この映画の説明も「SFホラー・ゾンビ・科学者・アメリカ・スリリング・ゾクっとする」。おい、バカにしてんのか。

それでも観始めると、オリヴィア・ワイルド!これは嬉しい誤算だな!好きです。他にもX-MENの方のクイックシルバーの彼とか、おやおや若かりしランド・カルリジアンの君もか!?キャスティングはなかなか良いぞ!

ラザロ血清…偶然発見された死者を蘇らせる事が可能となる血清。フランク(マーク・デュプラス)は婚約者ゾーイ(オリヴィア・ワイルド)と共同でこの血清の開発を行っていた。彼らを含む開発チームはある日、犬の蘇生に成功する。やがてフランクは不慮の事故で命を落としたゾーイにまでラザロ血清を投与する。

ラザロ血清を脳に直接投与して、高圧電流をスイッチオーン!チーーーン!よーみーがーえーりー!これはもう、フランケンシュタインですね。

蘇生した後のゾーイの一言。

「…私、死んでた?」
死んでた、死んでた!!

ラザロ血清の影響により、脳が活性化されて超能力が発現したゾーイ。これはもう、LUCYですね。

念じただけで人が殺せる様になったゾーイ。これはもう、X-MEN ファイナル・デシジョンですね。

そもそも実験していたメンバーがわちゃわちゃする展開。これはもう、フラット・ライナーズですね。そして、決まってそれまで博士を名乗っていた人達の対処が科学的じゃないんだな。

色んな映画の良いところを拝借して出来た様な映画。脅かし方も基本的にはデカイ音と停電。何回停電した事か…。それでもホラーが苦手な僕には、これぐらいの方が逆に楽しめたのも事実。

ラストも好きです。
カモン!続編!
>|