ザ・ガンマンの作品情報・感想・評価

ザ・ガンマン2015年製作の映画)

The Gunman

上映日:2016年02月06日

製作国:

上映時間:115分

3.0

あらすじ

アフリカ・コンゴ民主共和国、鉱山利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加した元特殊部隊最強の暗殺者(ガンマン)ジム。しかし、完璧な狙撃で任務を遂行後、愛する恋人も何もかも捨てて姿を消し、血塗られた過去を贖うようにひっそりと生きていた。それから数年後、ジムは突如として何者かに命を狙われる。暗殺作戦に参加したかつての仲間が次々に殺されていることを知ったジムは、自分を襲った敵が何者なのかを突き止めるため、そ…

アフリカ・コンゴ民主共和国、鉱山利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加した元特殊部隊最強の暗殺者(ガンマン)ジム。しかし、完璧な狙撃で任務を遂行後、愛する恋人も何もかも捨てて姿を消し、血塗られた過去を贖うようにひっそりと生きていた。それから数年後、ジムは突如として何者かに命を狙われる。暗殺作戦に参加したかつての仲間が次々に殺されていることを知ったジムは、自分を襲った敵が何者なのかを突き止めるため、そして自ら生き残るために、過去と向き合い、再び銃を取る。

「ザ・ガンマン」に投稿された感想・評価


仮にも暗殺の実行犯やぞ

実刑は免れない言うてるのに
普通に女の元に帰ってるやん

俺が教えてあげるわ…

世の中そんなに甘くないぞ!
突っ込み処満載だけど、激しいけど、悪くはない、ショーンペン映画…。良くもないか。
shin

shinの感想・評価

2.7
薄い話
ショーン・ペンの96時間映画。ニコラス・ケイジの大作主義を批判してたのは過去の話。大作でさえ無い商業映画にショーン・ペンの登場だ!
鍛え抜かれたボディは、年相応の顔と釣り合いが取れておらず、松本人志の筋肉を見ているかのようだ。しかしショーンはボディの仕上がりに満足したのか違和感があるほど脱ぐ。
96時間と違うところは、陰謀を巡るミステリ要素のせいでストーリーのタイトさは失われ、ジャンルムービーとしては不必要なツイストが加わり、なにより尺が長い。
見どころはキャリア史上最も安い演技を披露するハビエル・バルデムくらいか。https://amzn.to/2MXhOZV
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2018.8.7 BS

裸Yシャツにこだわるヒロインの可愛さと、子どもに紛れてメリーゴーランドに乗るショーン・ペンのムキムキな愛嬌に。詰めの甘いマーク・ライランスに加え、終盤の対決でショーン・ペンのHPが段々よく分からなくなっていくのも好き。
childragon

childragonの感想・評価

3.5
ショーン・ペンが恋人に何も言わずに大臣暗殺して姿をくらます。くらました先で謎の組織に命を狙われるし恋人は寝取られるしで復讐に燃える(燃えない)。

◆予想してたけどショーン・ペンのプロモーション映画だと思えばいいよ。
◆ショーン・ペン好きがショーン・ペン好き!って言うためにあるんだよ、いいね?
◆あと出演者が意外に豪華だから絵にはなる。イドリス・エルバの無駄使い。
◆ショーン・ペンの雰囲気は「ジョン・ウィック」のキアヌ・リーブスや「96時間」のリーアム・ニーソンのような断固たる最強暗殺者という感じではなくて哀愁が漂う。
◆とはいえ途中で手帳落としちゃうのはさすがに草。
◆ジムという人物が持ってる病気と、凄腕スナイパーらしいステータスが全く活かされてないのが勿体無い。手帳落としてる場合じゃないんだよ。
wearereds

weareredsの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

おっさんの純愛。
どちゃくそ暑い昼下がり冷麦をちゅるちゅるしながら鑑賞。夏は午後ローでしょう。女優さんが良かった。今年の夏休みも午後ローで乗り切るぞ🤪
yn

ynの感想・評価

3.0
ポップコーンムービー。
ショーンペンの身体が格好良い。
無駄にデカイ体ではなく実用的な筋肉。
マークライランスのハスキーボイスも格好良い。
motutya

motutyaの感想・評価

2.6
ショーン・ペンの筋肉美とアクションシーンがただただ印象に残った。
>|