健多郎

クラウンの健多郎のレビュー・感想・評価

クラウン(2014年製作の映画)
3.5
ふとした事から着てしまったピエロの衣装が脱げなくなり、どんどん身体が怪物になっていく男のおはなし
精神は意外なほどに自我を保ったまま、身体だけがガッツリ怪物化していくのが面白い
でも大好物の子供を目の前にするとお腹がグゥ、ムシャムシャ、バリボリ
このピエロのメイクがよく出来てて、本体になった男の肌の上に順々に厚塗りしていってる感じがとても良かったです

イーライ・ロスは製作ということで、監督作と比べるとあまりイライラ(イーライイーライ)してませんでした
ゴア描写は少し抑えめ、でもイーライ・ロス特有の画面の汚さは有ったので満足
SCOREのうち0.5点は実にイライラしていたエンディングテーマに捧げます

この映画の話じゃないけど、地元でもグリーンインフェルノやってくれないかな~
DVD発売かレンタル開始まで待つのはつらい!バイヤーー!!