おバカ犬

ルパン三世 ルパン暗殺指令のおバカ犬のネタバレレビュー・内容・結末

4.8

このレビューはネタバレを含みます

TVSP第5作を鑑賞。
最近のルパン三世に低評価ばかりつけているのでただのアンチだと思われるかも知れないが、これは愛のムチである。
今作のように面白い作品には非常に甘い。というかホントはべた褒めしたくて観てるんだよ😂


今回のキャラは一味違う。でも面白い。


🎩次元の因縁
長編ルパンに次元の因縁をつけたのは今作が初ではなかろうか。と言ってもぶっちゃけ大した因縁ではない。正当防衛を相手の娘に目撃されたってだけ。ただ次元の言い訳しない潔さ、そしてピンチには戻ってくる。クールだぜ。


💋ただ裏切るわけじゃないのよ
今回の不二子ちゃんはただ強い方に媚を売る世渡り上手ではない。ルパン達と密に連携を取りながら、最後はお決まりの裏切りをもぶっ壊してくれる。
でもそれはなんのためかって?もちろんおカネ…おカネ…おカネ… ブレないな!


👮‍♀️銭形警部は追ってこない
ルパンの選任捜査を解かれた銭形警部はルパン一味に溶け込んでて笑える。今回は完全に味方である。ICPOクビ覚悟で敵のアジトに特攻する銭形警部、どうやら泥棒になる覚悟もあるようだ。


📚ストーリーに関して
今回はお宝がただのお金ってのが残念。
見所としては強敵キース・ヘイドンとのバトル。カーチェイスや銃撃戦、シティーハンターのリョウちゃんvs海坊主のような雰囲気があった。
またルパンの敵を巻くアイテムのルーツが一つわかる。なるほど、武器商人から面白グッズを買ってたのね…。ちゃんと全部使うのもグッド👍


🚀ついに宇宙進出
今回のルパンは宇宙まで逃げる。いや、いきなりそんなことできるんかいなと思ったが…脱出レパートリーの深さは計り知れない。
ちなみにEDも宇宙から中継。曲はDestiny Love.


⭐︎総評⭐︎
いつもとちょっと違うけど、いつもより面白いTVSPの傑作。
ただ次元の因縁が浅くて適当に感じたのが唯一の残念ポイント。


あらすじ
🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥
ルパンの選任捜査を解かれた銭形警部の新しい仕事は、武器密輸組織ショットシェルの壊滅であった。莫大な金を持つと睨んだルパンは、壊滅ついでに金をいただくことに。

その餌に使ったのが核潜水艦のイワノフ。それに食いついたショットシェルの社長ジョンとビジネス協定を結ぶ。ジョンの真の目的は戦争ビジネス。不要になったルパンを始末しにかかる。

ルパン一味vsジョン&キースの結末は…!
そして次元とカレンの因縁は解かれるのか?
🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥🛥