パンケーキレンズ

海難1890のパンケーキレンズのレビュー・感想・評価

海難1890(2015年製作の映画)
3.5
エルトゥールル号
それは、日本とトルコ友好の合言葉♩

言葉の壁と
国境の壁と
貧困の壁を飛び越えた、壮絶な救助活動

エルトゥールル号の史実についてはもちろん知っていましたが、こうやって映像で体感することによって、串本の人たちの勇気ある行動に、何度も胸を打たれました

しかも
ロン・ハワードか!?と言いたくなるくらいのアツい演出!

座礁するまでの一部始終における細やかな畳み掛けが、なかなかの重厚感でした

2つの国の間に起こった、2つの救出劇ということで、それぞれは感動的ではあるものの、ちょっとブツ切り感がしないでもないんですけど、テヘランの時間軸を冒頭にも持ってきて、エルトゥールル号の物語を挟み込んであげれば、もうちょっとまとまったかな〜…とか思いながら、でも大切なことは、こういう歴史を認識することと、救出を行なった日本人達を誇りに思うこと、そして、トルコ人に助けられたことを忘れないこと、なんですよね…

そして
その前後の関係がたとえどうであれ

善意と真心が人の本質であると

私はそう信じたいです

映画の良し悪しに好みはありますけど、この映画自体が、日本とトルコの合作であること、各政府のバックアップによって製作されたことなど、そういう点にも、この映画の存在価値があるとも思います

遺留品を磨き上げるその誠意がまた、感動的

何度も泣かされました…

そして
ムスタファが、終盤トム・クルーズに見えてきた(褒♩ってか、なんで最後にそれを言う…)