ori

バレエボーイズのoriのレビュー・感想・評価

バレエボーイズ(2014年製作の映画)
4.6
ずっっと楽しみにしていたこの作品。
やっと仙台でも公開になり、昨日映画館へ行ってきました!

12歳から16歳という、大人にはなれずでも子どもでもないとっても難しい年頃。
しかし人生を左右する決断をしなければならない。バレエを続けるか、それとも別な道を歩むか。けれど彼らはそれぞれきちんと自分の将来に向き合っていて、、、
わあほんとうにすごい!!わたしはルーカスと同じ歳の頃なんて、『これをして生きていたい』なんてことまだ見つけていなかった。

矯正している歯や声変わり、チュチュをはいてふざけたりする無邪気さ、更衣室の中の友情は一生ものと語り合う日々…
打ち込むことに対する誠実さに大人顔負けの姿があるものの、そういうところでやっぱりまだ「男の子」なんだなって感じて、それが愛らしくてふふふって微笑んじゃう。

あどけなさの残る純粋無垢な3人の少年の目に映る、信念や強さ、葛藤、そしてピュアにバレエを愛する思い。少年たちの目が余計にキラキラして見えました。
ポーズが決まるたびに、夢を追う少年たちの一瞬一瞬が美しく焼きつき、観て1日明けた今でも忘れられません。

彼らが大人になってどうなるかまでは追っていないけれど、だからこそそこにドキュメンタリーの良さがあると思うの!

いつか近い未来に、バレエの世界で彼らの名前を聞く日が来るのが待ち遠しいです。