風の旅人

ブルックリンの風の旅人のレビュー・感想・評価

ブルックリン(2015年製作の映画)
4.0
1950年代のアイルランド。
碌な仕事がなく、自分の居場所を見つけられないでいるエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、ニューヨークにいるフラッド神父の計らいで、アメリカのブルックリンに移住する決意を固める(彼女は日曜だけ「意地悪な魔女」と呼ばれるケリーの食料雑貨店で働いている)。
アメリカへの渡航中、エイリシュは船酔いになり、トイレを開けてもらえず、掃除用のバケツで用を足し、倒れてしまう。
一緒の部屋のアイルランド系移民の女性に介抱されたエイリシュは、入国管理局を抜ける手ほどきを受ける(その女性が着ている「赤」いドレスはアメリカを想わせる)。
そんな苦難を乗り越え、アイルランドのナショナルカラーである「緑」の服を纏ったエイリシュは、入国管理局の「青」い扉を通り、アメリカに入国する。
しかしエイリシュは新天地での生活に慣れず、ホームシックにかかってしまう。
そんな時、エイリシュはダンスパーティーでイタリア系移民のトニーと出逢う。
トニーとの恋愛に生きる歓びを感じ、幸せの絶頂期のエイリシュに、アイルランドから不幸な報せが届く。

ブルックリンに自分の居場所を見出した矢先、アイルランドに戻ることになったエイリシュ。
久しぶりの故郷に懐かしさを感じ、二つの選択肢の間で迷うエイリシュに、人生における決断について考えさせられた。
どちらが正解と言えない選択。
エイリシュが選んだ道は、姉の可能性でもあった。
恐らく姉は妹に自分のもう一つの人生を夢見ていたのだろう。
ユーモア溢れる会話、光の三原色(赤、緑、青)を組み合わせた色彩豊かなファッション、一人の女性の成長譚として記憶に残る映画。