Ricola

ブルックリンのRicolaのネタバレレビュー・内容・結末

ブルックリン(2015年製作の映画)
2.9

このレビューはネタバレを含みます

1950年代、アイルランドからアメリカのNY、ブルックリンに移住する女性の物語。

当時のファッションが素敵で、アイルランドの自然も美しい。

故郷から離れて全く知らない土地で最初は不安だけど、だんだん慣れてきてむしろ新生活に楽しさを覚えてくる。

内気だったはずのエイリッシュ(シアーシャ・ローナン)は性格まで明るくなり、イタリア人の優しい素敵な彼氏までできる。

ここまでは幸せと可愛さいっぱいでこの映画好き!っていう感じなのだが…。

エイリッシュに感情移入して観ていなかったからか、彼女が故郷に再び戻ってから理解できない行動が多すぎた。

わたしの目には、「都会に染まって洗練された私どう?!いい女になったでしょ?」という感じで故郷での生活を楽しんでいるようにしか思えなかった…。

せめてアメリカで結婚してなければ、まだ許せたんだけど。

最後もただの親不孝者だし、男を傷つけ、色々な人を巻き込んで自分だけ幸せになろうとしている姿に嫌気がさした。

最後の場面でそんな彼女に向けての皮肉があればよかったのに…と思ってしまった。その後、彼女は少し苦労したのだろうか。