ブルックリン(2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:
  • アイルランド
  • イギリス
  • / 上映時間:112分
    監督
    ジョン・クローリー
    脚本
    ニック・ホーンビィ
    キャスト
    シアーシャ・ローナン
    エモリー・コーエン
    ドーナル・グリーソン
    ジム・ブロードベント
    ジュリー・ウォルターズ
    エミリー・ベット・リッカーズ
    フィオナ・グラスコット
    メーヴ・マクグラス
    ノラ=ジェーン・ヌーン
    ジェン・マレー
    イヴ・マックリン
    マイケル・ゼゲン
    メアリー・オドリスコル
    アイリーン・オヒギンズ
    エリカ・ローゼンバウム
    ポーリーノ・ヌネス
    あらすじ
    1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

    「ブルックリン」に投稿された感想・評価

    masayaan
    4.6
    恋の三角関係がありつつ、しかしそれが100%の主題という風でもなく、主に手紙を介して極まるファミリー・メロドラマの高まりがありつつ、それも100%の主題ではなく、つまりそういう面倒臭い事だらけの人生の中で、「自分の生きる場所を・相手を自分で決める」という、ただそれだけの話ではある。おまけに登場人物たちはみな「真っ直ぐ」で、苦難も過ちも一定の節度の中で描かれるように、「NHKの朝ドラ感」というのはもっとも優れた指摘だろう。とは言え、サブカル女のこじれを描いたインディー映画が、ストレートな女の子の奮闘記を描いたウェルメイド映画より優れる理由など何もなく、僕はこの映画の真っ直ぐさがとても好きだ。『雨に唄えば』のポスターが大写しになる瞬間、どうしても涙がこぼれるのを堪えられなかった。光の入り方を贅沢に計算したキメのショットは少し多い気もしたが、「名ゼリフ」みたいなもので決められるよりは遥かに良い。また、この映画のテーマを考える時に、本作とは歌われた背景は全く違うが、サイモンとガーファンクルの「アメリカ」を思わずにはいられない。あの曲の一節にもあったが、都会に出て暮らすということは、自分は探す事ではなく自分を「失くす」事だということがまず、キッチリ描かれている。あるいは、あの曲の流れる『あの頃ペニーレインと』の、お姉ちゃんの視点からの物語があったら、これと共鳴したかも知れない。手堅い脚本だなーと思いきや、秀作『17歳の肖像』や、駄作ではない『わたしに会うまでの1600キロ』の人だった。「その後の人生の雲行きがどっちとも取れない絶妙な終わり方」みたいなのが一つの傾向としてあると思うのだけど、映画がどう終わろうと、彼ら彼女らのその後なんて誰にも保証できないわけで。だから、本質的にはそんなものはどう終わろうと関係ない。ただ、自分は「どっちでも同じなら、ハッピーエンドの方がお得でしょ」というお気楽主義なのでして、その意味で、堂々とハッピーエンドを勝ち取った本作の真っ直ぐさは大いに気に入った。
    mina
    3.8
    上京したばかりの時を思い出して観ました。重なる部分が多くて泣けました。というか自分は上京したてだし、真っ只中だなぁ。。。自分は変わらない!なんて思ってたけど、きっと良くも悪くも変わっていくんだよなあと改めて思った。
    とにかくエイリシュがかわいくて(でも結構酷い)、トニーがまじでいい奴(まじでかわいそう)。いまいちすっきりせんような気もするけど、なんとなく共感できるところもあったりしてなんだかんだで4.0
    HIDE
    3.6
    自分が東京に出てきた時を思い出しました。映画のスケールには到底及ばないし、こんなにまとまった話ではありませんが、いろいろ初期衝動なるものを思い出しました。ちょっと元気付けてもらえる作品だと思います!
    上京された方に是非ともオススメです!!
    いい映画。前半は退屈だったが、後半は、「おい!エイリシュ!」とトニーの気持ちになると胸がキューッてなった。
    一度帰るとなかなか戻れない。というこの時代だからこその物語。切ない。
    RAE
    3.8
    なんかわかる。みんな寂しいよね
    莉子
    3.5
    都会に行くと良いようにも悪いようにも変わるんだな〜〜
    ゆき
    3.6
    主人公がだんだんと垢抜けて行くかんじが好きで、最後のシーンの美しさにはハッとさせられました^ ^
    kassi
    3.8
    地方から都心へ出てきた経験があるので共感出来る点も多いが、地元に戻って来た身なので最後に彼女が下した決断にはちょっと寂しさを覚えた。

    アイルランドとNY、トニーとジム、デパートと簿記の仕事等、様々な対比が考えさせられる。
    みつる
    3.6
    only

    自分が田舎娘で大学上京組なので、理解できるところも多かった。
    一旦外の世界見ちゃったら、地元にはなかなか戻れない現実…。
    鮮やかなグリーンの服や水着が印象的。映像が美しい。
    >|