ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.6
恋の三角関係がありつつ、しかしそれが100%の主題という風でもなく、主に手紙を介して極まるファミリー・メロドラマの高まりがありつつ、それも100%の主題ではなく、つまりそういう面倒臭い事だらけの人生の中で、「自分の生きる場所を・相手を自分で決める」という、ただそれだけの話ではある。おまけに登場人物たちはみな「真っ直ぐ」で、苦難も過ちも一定の節度の中で描かれるように、「NHKの朝ドラ感」というのはもっとも優れた指摘だろう。とは言え、サブカル女のこじれを描いたインディー映画が、ストレートな女の子の奮闘記を描いたウェルメイド映画より優れる理由など何もなく、僕はこの映画の真っ直ぐさがとても好きだ。『雨に唄えば』のポスターが大写しになる瞬間、どうしても涙がこぼれるのを堪えられなかった。光の入り方を贅沢に計算したキメのショットは少し多い気もしたが、「名ゼリフ」みたいなもので決められるよりは遥かに良い。また、この映画のテーマを考える時に、本作とは歌われた背景は全く違うが、サイモンとガーファンクルの「アメリカ」を思わずにはいられない。あの曲の一節にもあったが、都会に出て暮らすということは、自分は探す事ではなく自分を「失くす」事だということがまず、キッチリ描かれている。あるいは、あの曲の流れる『あの頃ペニーレインと』の、お姉ちゃんの視点からの物語があったら、これと共鳴したかも知れない。手堅い脚本だなーと思いきや、秀作『17歳の肖像』や、駄作ではない『わたしに会うまでの1600キロ』の人だった。「その後の人生の雲行きがどっちとも取れない絶妙な終わり方」みたいなのが一つの傾向としてあると思うのだけど、映画がどう終わろうと、彼ら彼女らのその後なんて誰にも保証できないわけで。だから、本質的にはそんなものはどう終わろうと関係ない。ただ、自分は「どっちでも同じなら、ハッピーエンドの方がお得でしょ」というお気楽主義なのでして、その意味で、堂々とハッピーエンドを勝ち取った本作の真っ直ぐさは大いに気に入った。
あんなホームシックだった女の子が生き生きと自分のやりたいことやり始めて恋人も見つけておじさんうれしいよ。
chi

chiの感想・評価

3.6
とにかくトニー
どきどきしながらそっちじゃないよ〜
がんばれ〜〜こっちだぞ〜〜
って思って見た。シアーシャが演じる女の子はみんな健気で応援したくなっちゃうの何だろうね。
HiroEire

HiroEireの感想・評価

3.5
一度、心に決めた生き方を突き通す事は、綺麗に思えて、他人から讃えられる事かもしれない。けれど、選択肢は常に一つではなく、幾つも分岐し、複雑に絡み合っているものだ。

盲目的に生きるのではなく、新たな地で新しい生活を掴み取ろうとする女性の話。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.6
1950年代アイルランドの田舎街で仕事にも恵まれず移民としてアメリカブルックリンに渡ったエイリシュ。フォレスト・グリーンの重いコートからパステルカラーの洗練されてファッションに移り変わってく。

ホームシックの時の慈善パーティでのアイルランド民謡、みんなに染み込んで行く様子が素晴らしい。

内気だった彼女が恋をしてようやく自分の場所として生き生きと日々を過ごす様がかわいい。姉の死によって故郷に帰り、恋とは違った穏やかな安定に身を委ねていたが、現実に引き戻される。その複雑さと、本当の居場所。
来年から海外を転々とする予定の自分と重なって新しい土地へのワクワク感や不安、わからないことばかりでうまくいかなかったりする時の気持ちとかすごく想像できた。

よかったすごく。
李嬢

李嬢の感想・評価

3.5

エイリシュが垢抜けていくところがすごく綺麗。
田舎に戻ったときの感じが妙にリアル

最後まで、どっち?!ってワクワク
服がめちゃくちゃかわいい
>|