ブルックリン(2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:
  • アイルランド
  • イギリス
  • / 上映時間:112分
    監督
    ジョン・クローリー
    脚本
    ニック・ホーンビィ
    キャスト
    シアーシャ・ローナン
    エモリー・コーエン
    ドーナル・グリーソン
    ジム・ブロードベント
    ジュリー・ウォルターズ
    エミリー・ベット・リッカーズ
    フィオナ・グラスコット
    メーヴ・マクグラス
    ノラ=ジェーン・ヌーン
    ジェン・マレー
    イヴ・マックリン
    マイケル・ゼゲン
    メアリー・オドリスコル
    アイリーン・オヒギンズ
    エリカ・ローゼンバウム
    ポーリーノ・ヌネス
    あらすじ
    1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

    「ブルックリン」に投稿された感想・レビュー

    masayaan
    masayaanの感想・レビュー
    2016/07/31
    4.6
    恋の三角関係がありつつ、しかしそれが100%の主題という風でもなく、主に手紙を介して極まるファミリー・メロドラマの高まりがありつつ、それも100%の主題ではなく、つまりそういう面倒臭い事だらけの人生の中で、「自分の生きる場所を・相手を自分で決める」という、ただそれだけの話ではある。おまけに登場人物たちはみな「真っ直ぐ」で、苦難も過ちも一定の節度の中で描かれるように、「NHKの朝ドラ感」というのはもっとも優れた指摘だろう。とは言え、サブカル女のこじれを描いたインディー映画が、ストレートな女の子の奮闘記を描いたウェルメイド映画より優れる理由など何もなく、僕はこの映画の真っ直ぐさがとても好きだ。『雨に唄えば』のポスターが大写しになる瞬間、どうしても涙がこぼれるのを堪えられなかった。光の入り方を贅沢に計算したキメのショットは少し多い気もしたが、「名ゼリフ」みたいなもので決められるよりは遥かに良い。また、この映画のテーマを考える時に、本作とは歌われた背景は全く違うが、サイモンとガーファンクルの「アメリカ」を思わずにはいられない。あの曲の一節にもあったが、都会に出て暮らすということは、自分は探す事ではなく自分を「失くす」事だということがまず、キッチリ描かれている。あるいは、あの曲の流れる『あの頃ペニーレインと』の、お姉ちゃんの視点からの物語があったら、これと共鳴したかも知れない。手堅い脚本だなーと思いきや、秀作『17歳の肖像』や、駄作ではない『わたしに会うまでの1600キロ』の人だった。「その後の人生の雲行きがどっちとも取れない絶妙な終わり方」みたいなのが一つの傾向としてあると思うのだけど、映画がどう終わろうと、彼ら彼女らのその後なんて誰にも保証できないわけで。だから、本質的にはそんなものはどう終わろうと関係ない。ただ、自分は「どっちでも同じなら、ハッピーエンドの方がお得でしょ」というお気楽主義なのでして、その意味で、堂々とハッピーエンドを勝ち取った本作の真っ直ぐさは大いに気に入った。
    スプリーム
    スプリームの感想・レビュー
    2時間
    2.5
    普通の人々の普通の日々を眺めてるようだった。父親に何か秘密があるのかと思って見ていたが、何もなかった。50年代の街並み、ファッション、雰囲気、それと役者の演技は良かった。都会の絵の具に染まった少女って印象。
    Norie
    Norieの感想・レビュー
    4時間
    3.1
    内気な少女がたった1人でニューヨークに渡り、成長していくストーリー。
    所どころお茶目なシーンがあり和めます。
    途中迷いはありますが、自分の人生をしっかり決断します。外国でたった1人で就職し生活するなんて私には出来ないので尊敬しますね。
    マリオンコティヤールのエヴァの告白という同じくニューヨークへ渡る作品がありますが、そちらと違って重い話ではないので、見やすいです。
    umeshio
    umeshioの感想・レビュー
    11時間
    -
    2017/05/28

    うーん。正直すこし期待しすぎていたかも。あとこれは男女でかなり評価が変わってしまいそう。わたしは女だけど、わかろうとするとわかる気はする、でもやっぱり主人公のこと理解できない。ってなってしまって、どうにも ううーん、な感じが最後まで抜けなかった。中盤まではわりと共感できたんだけど…

    都会へひとり旅立って、慣れない生活をしていく上での寂しさ、やるせなさ、拠り所のない孤独感は自分も地方からひとり上京したことがあるからとても共感したし、実家からの手紙に涙涙なんてシーンは超わかる、、、わたしだ、、、となったもんだけど、なんだか後半がなぁ。主人公に寄り添えば、わからないわけではない。二人だけの思いのみで結婚したわけだし、母親はもう絶対帰ってきてほしいアピールがすごいし、そういう想いを無下にできないから言い出せなかったのもわかる。でも言わないままズルズルいったから、自分がいちばん苦しんでいるわけで。もっとはやく決心しておけばこんなことにはならなかったし、二人の男性、ふた通りの生き方の間で揺れ動く必要もなかったはず。
    主人公の思いや悩みを考えるとそう簡単にいかないとはわかるんだけど、観ていてとても焦れったかったし、トニーにもジムにもとても失礼だなと思って観ていた。すこし主人公が好きになれなかったかも。

    そして、トニーの元へ戻ってくれたのは良かったんだけど、その決心の理由がまた微妙で、きちんと自分で考えて決断してほしかったなあ。時代が時代だからしょうがないんだろうけど、ああいう人がいて、田舎での生き方が嫌だからトニーを選ぶ、という形だからスッキリはできなかった。個人的に。でもまぁ時代なんだろうなあ。
    わたしは上京して実家に戻ってきたタイプの人間なので、煌びやかな世界へ戻って生きるという選択をした主人公がちょっぴり羨ましくもあった。

    ファッションがもうストライクゾーンすぎて観てて楽しかったです。あの時代のお洋服とてもかわいい…

    WOWOW
    maki
    makiの感想・レビュー
    12時間
    3.9
    この手の話は弱いんだ。

    この手ってのはね
    閉鎖的な田舎から、抑圧された家から
    飛び出し新たな街と人と出会う
    そこで自分の人生を生きていく

    この王道ともいえる話が堪らないんですよ。

    田舎に生まれて育ったから
    嫌ってほど分かるのさ。

    今よりもっと若い頃に観ていたら
    もっともっと感情移入していただろう。

    今だって充分主人公の気持ちに
    共感できるよ

    ただ自分自身大人にもなって
    母親の気持ちにも寄り添うと
    行き場のない悲しみも理解出来る。

    新しい街も、いつの日か故郷になる。


    若者よ、飛び出しなさい



    いや、分かりやすく言おう

    田舎者よ、家を出なさい
    kawaebi99
    kawaebi99の感想・レビュー
    12時間
    2.5
    ブタペスト ホテル以降、シアーシャは目立った活動をしていないなぁ。。。と思っていたところタイムリーにW座で逢えた^^
    とはいえ製作は2015年とのことなので2年前の作品。でも久しぶりに彼女を観たからか、かなり大人になった印象。もっといっぱい映画に出て欲しい。

    平坦なストーリーではあるもののラスト間際、「自分が掴んだ本当の幸せとは?自由とは何だったのか!」それに気が付くシーンがシアーシャらしい仕上がりになっていて良かったです。
    nana
    nanaの感想・レビュー
    13時間
    3.9
    衣装が可愛い!海に行く時のスカート♡
    裕福ではないはずなのにお洋服たくさん持ってていいなぁ(映画です)
    故郷に戻るところは、正論だと突っ込みたいこと山盛りなんだけどクソババアのおかげで主人公が目覚めるところよかった。ありがとうクソババア。
    AyaeNomura
    AyaeNomuraの感想・レビュー
    13時間
    4.0
    はじめっから終わりまで、泣いたー。
    現代からすると不便っておもう時代だからこそ、全ての感情がピュアでグイグイきた。

    映像も彼女の目もきれいすぎて印象的な映画。
    てれぴん
    てれぴんの感想・レビュー
    13時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    昔の話とはいえ地方から都会や海外に出た経験があればかなり身につまされると思う。
    Uターンした身としてエイリッシュの「忘れてた。ここはそういう町だった。」は正直相当こたえた。
    シアーシャローナンは言わずもがな、ファッションと色使いも最高。
    浦田拓海
    浦田拓海の感想・レビュー
    13時間
    2.4
    可愛い女の子にオシャレな街の素敵な成長映画だと勝手に一人でハードルを上げてしまった感の強い映画。
    移民としてやって来た主人公の馴染む気のなさがまず、嫌だ。
    それ以降も結局のところ、彼女をブルックリンに結びつけているのは結婚した旦那だけで、それ以外の要因はない。
    嫌な見方かもしれないが、彼女の動きはアイルランドにいたらクソ田舎で嫌な奴らもいるし、手頃な男も仕事もあったけど、嫌味なババアに都合の悪いこと流されそうだからバレる前にブルックリンへ戻ろうという風に見える。
    主人公があった人ごとに移住の中で変わっていくのはいいが、それがなんか、アメリカに旅行に行った後にアメリカかぶれになって帰って来たクラスメートを見ているようで嫌だった。
    彼女が何をしたいのかという"自発的"な意思がないので、それが見る方へのフラストレーションになる気がする。

    まだ、分かんないけど、今年のワーストに入る可能性がある映画。
    >|