ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

始まりはなんであれ、自分自身の意義がそこにあるのなら、そこで生きていくべきと説得された気分。感慨深い。
Rio

Rioの感想・評価

-
「忘れてた ここはそういう町だった」って
アイルランドからアメリカに戻るエイリッシュは、
初めてアメリカに行くエイリッシュと比べて
ほんとに綺麗で、強くなってた。
siho719

siho719の感想・評価

3.8
エイリシュが綺麗で終始見惚れてた。エイリシュの心の動きや成長していく過程が分かりやすく描かれている。
aya

ayaの感想・評価

-
映画の作りは好みではないけど、私含む元オリーブ少女おばさんがワクワクしそうなファッションスタイルが満載だった。それだけで高評価でもいいと思う。私からすると主人公はラッキーガール。
tamu

tamuの感想・評価

3.4
たとえるなら、
暇な日ほど誰からも連絡がなく、
予定のある日ほど連絡がくる
みたいな、感じ。
でも最初に約束した予定を
キャンセルして、違う人との
予定を入れるってことなんて
しないけどね。
ueno

uenoの感想・評価

3.0
普通の物語
nutaki

nutakiの感想・評価

4.8
素敵な映画!
自分の感性にピタっと合って、あまりに好きでこの思いを上手く文章に出来ない。何を書いてもきっと陳腐になりそう。
初めから終わりまで、ニタニタしながら、ワクワクしながら観て、ウルウルと来て、そして胸が詰まった。
完全に感情移入し、私はヒロインと体験を共有したかのよう。
何でもないごく普通のよくあるストーリーに無名のキャスト、特筆するものは何もない。
はて。地味なこの映画のどこに魅力があるのだろう?

1950年頃。アイルランドの田舎町に住むエイリッシュは、地元での職がなく、姉の勧めでひとりアメリカに行く。
ブルックリンで寮に住み、デパートの売り子として働きながら、簿記の学校に通うが、慣れない土地でホームシックになってしまう。
そして、イタリア人のトニーに出会って…。

日本で言えば、地方から東京の大都会に移住する田舎娘、という感じだが、アイルランドからアメリカまでは当時は船旅でかなりの時間がかかったことだろう。
遠い地、異国にひとり移住する不安や孤独感は大変なものだったと想像する。
デパートで働くシ-ンは海外ドラマ『セルフリッジ英国百貨店』を思い出す。デパートの中の女性同士の人間関係も大変なんだろうなあと思いつつ。

主演エイリッシュはシアーシャ・ローナン。
ごく普通の女の子で澄んだ瞳が印象的。この彼女がどんどん綺麗になって、垢抜けて洗練されていく。
トニーはエモリー・コーエン。ちょっと背丈がないけど、陽気で心優しいイタリア人にぴったり。
家族もイタリア人らしく楽しい、パスタも美味しそう。
ジムはドーナル・グリーソン。知的で寡黙な雰囲気だが、つまらなそうなキャラ。アイルランドの寂しい情景がマッチしていた。
エイリッシュの姉、上司の女性、船で同室になった女性、と皆、とても綺麗で素敵だった。

衣装を見るだけで女性は楽しいね。
色で感情を表したり、使い方がお洒落。
エイリッシュはグリーンを着る。アイルランドを象徴するカラーだそうだ。
グリーンのコートをサラリと羽織る。
アメリカに渡る船に乗る時にはしっかりとボタンを留めて。
入国審査では、同室の女性の勧めで赤と白のストールを。入国審査の後に青い扉を入り、アメリカへ(アメリカの国旗色)
ブルックリンでは彼女は徐々に洗練され、レモン色や赤を着て颯爽と歩く。
水着は上司の勧めでグリーンを。やはりグリーンが彼女の顔に一番映えたのだ。
祖国に帰った時には、ブルックリンで着ていた鮮やかな服を着る、もう以前の私ではないわ、とでもいうかのように。
他の人の衣装も素敵だ。

意地悪なミス・ケリーはキーパーソンとなる。
『忘れてたわ。』からのセリフはドカーンとヤラれた。
最高のシーン。

祖国アイルランドと、新天地アメリカ・ブルックリン。
トニーとジム。母親や友人と新しい仲間。
狭い社会と自由な社会。
選択肢を前に悩みつつ、迷いつつ、進んで行く。
その選んだ道が良かったかは分からないけど。

あー、も一度観よっと。
アイルランドからNYへ出てきた女の子の成長物語。
あ~こんな映画が観たかった!
さりげない優しさとか、愛情がそこかしこに散りばめられている。
イタリア人の彼がとにかく可愛い。
学校の前で待ってた理由が
「君が帰る間 一緒にいたい。それだけだ。勉強の時間や睡眠が必要だろ。だから家に送るだけ。次に会う日まで待てないんだ!」なんて言われたら…❤
最後のあたりはハラハラさせられたけど、幸せな気持ちで終われて良かった。何度でも観たい映画です。
Satoshi

Satoshiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

年取ったからかアクションとかよりももうこういうのが好き 面白い展開もないしオチもない
>|