ブルックリン(2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:
  • アイルランド
  • イギリス
  • / 上映時間:112分
    監督
    ジョン・クローリー
    脚本
    ニック・ホーンビィ
    キャスト
    シアーシャ・ローナン
    エモリー・コーエン
    ドーナル・グリーソン
    ジム・ブロードベント
    ジュリー・ウォルターズ
    エミリー・ベット・リッカーズ
    フィオナ・グラスコット
    メーヴ・マクグラス
    ノラ=ジェーン・ヌーン
    ジェン・マレー
    イヴ・マックリン
    マイケル・ゼゲン
    メアリー・オドリスコル
    アイリーン・オヒギンズ
    エリカ・ローゼンバウム
    ポーリーノ・ヌネス
    あらすじ
    1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

    「ブルックリン」に投稿された感想・評価

    始まりはなんであれ、自分自身の意義がそこにあるのなら、そこで生きていくべきと説得された気分。感慨深い。
    冒頭25分見てとてもいいなって思った。
    自分はホームシックなんて一ミリもなかったけど都会に出ていくときのワクワク感はすごく共感できた。
    ダイナーのお兄さんの「死ぬときに君のその方言をもう一度ききたいよ」的な言葉がなんか好き

    サーシャローナンはアメリカ版黒木華っぽいな
    2016/03
    内容覚えておらず。印象に残っていないので、評価3とした。
    主人公 横顔が綺麗だった
    田舎娘から変化して
    都会に慣れたっぷりがでてた

    英語が綺麗な気がした
    結局ブルックリンに戻った理由
    なんかずるいな って思っちゃった

    嫌な事は捨てて都会に行って
    都合のいい時は故郷に戻る
    でもやっぱりキラキラした場所にいたい

    いいよね〜

    by 地元から出た事ない人間
    人の生き方そのものというか、流れて流されてきっと、正しい時に正しい人と出会い、ここが居場所なんだなと気付くんだろうなと思った。
    エイリッシュとローズの姉妹愛が良かった。なんでも買ってあげたいが未来は…に感動。

    船の中での同室女性のサバサバとした感じ、入国時の注意も良かった。

    ブルックリンでの生活の中でも、だんだんと成長して行く姿が逞しい。未来は自分で切り開く、協力者も必要。

    新生活のお供にしたいような、ゆったりしたテンポながら、力強く奮起させてくれるような映画。

    都会での生活に圧倒されるヒロインが、寮仲間の助言を受けつつ、徐々に洗練されて行く過程に勇気を貰える。

    一見軽薄そうで一途なイタリア野郎と、教養高いアイルランド野郎、二人とも魅力的だったな〜。

    エイリシュを演じたシアーシャ・ローナンが何より素晴らしい。ほとんどノーメイクの田舎っぺから、都会的な女性まで、素朴な雰囲気を残しながら、見事に演じきっている。そして終盤、ある人物に放つセリフと、毅然とした姿勢に鳥肌が立った。
    最初の流れの早さや、人物を深く表さない感じ、話に抑揚があまりなくあっさりした印象。主人公にイマイチ共感できないのも難点…ラストは良かった。
    全体的におしゃれな映画。
    最後キレイにまとめた感じはある。

    故郷を離れて都会に出て、そこに自分の新しい生活ができた時、どちらが自分のいるべき場所なのかふとわからなくなる時がある。
    故郷の安心感に甘えてしまいそうになる時もあるけれど、今自分の人生はどこにあるのか気付く時が必ずある。

    上京したばかりでホームシックになっていた時期があったことを思い出させてくれた作品です。
    >|