ブルックリン(2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:
  • アイルランド
  • イギリス
  • / 上映時間:112分
    監督
    ジョン・クローリー
    脚本
    ニック・ホーンビィ
    キャスト
    シアーシャ・ローナン
    エモリー・コーエン
    ドーナル・グリーソン
    ジム・ブロードベント
    ジュリー・ウォルターズ
    エミリー・ベット・リッカーズ
    フィオナ・グラスコット
    メーヴ・マクグラス
    ノラ=ジェーン・ヌーン
    ジェン・マレー
    イヴ・マックリン
    マイケル・ゼゲン
    メアリー・オドリスコル
    アイリーン・オヒギンズ
    エリカ・ローゼンバウム
    ポーリーノ・ヌネス
    あらすじ
    1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

    「ブルックリン」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/01/03
    3.9
    始まりはなんであれ、自分自身の意義がそこにあるのなら、そこで生きていくべきと説得された気分。感慨深い。
    Gozlove
    Gozloveの感想・レビュー
    1時間
    3.6
    予想以上に良い作品で、😭💦。
    色々あったけど、ラストがよかった。

    アイルランドとイタリアの対比も面白かった。自分は、アイルランドの感覚に近いものを感じたな〜、おじちゃんの歌でも、涙でるし、(* ̄m ̄)プッ。

    エモリー・コーエンは、マーロン・ブランドを尊敬してるらしいので、この時代のイタリア移民の役がやれて嬉しかったのでは。
    yuka
    yukaの感想・レビュー
    1時間
    4.8
    色彩が鮮やかでどんな一瞬もきれいだった。真心を大切にするエイリッシュはステキでした。こんな女性になりたいな
    鏡餅
    鏡餅の感想・レビュー
    6時間
    4.6
    未来は、周囲の支えと自らの選択によって手にしていく。
    Etsuko
    Etsukoの感想・レビュー
    8時間
    -
    Immigrants, Irish, Nostalgia
    MOMI
    MOMIの感想・レビュー
    20時間
    3.7
    大人しい性格のエイリシュは姉の進言でブルックリン(NY)へ…
    慣れない生活からホームシック気味になっていくエイリッシュ。

    しかし、ブルックリンで『男』というモノができ、彼女の生活は一気に薔薇色になっていく。
    幸せの絶頂の時、故郷のアイルランドで彼女にとって重大なことが起き、急遽帰国することに。
    また、故郷でも『男』という存在が彼女を支えていく。

    エイリシュは二人の男の間で揺れ動く。ブルックリンかアイルランドかどうなっていくのか…



    この映画の色の使い方がとてもよかったです。特に、エイリシュの心の変化に合わせた服の色の変化や暖かみのあるブルックリンの風景がgood!

    ストーリーはと言うと、ブルックリンと地元、2人の男性に出会うことにより、彼女は成長していきます。
    個人的にはブルックリンに着いたばかりの無垢なエイリシュが一番好きでした。

    ただ、エイリシュのサングラス姿にクスッとしてしまった。どうしてあのサングラスを選んでしまったんだろうか…

    何か心に出来た穴を埋めるのは異性が1番なのかも。
    O
    Oの感想・レビュー
    23時間
    4.0
    全てが新しく楽しそう。

    ちょちょちょラブリーボーンとブダペストの女の子!全然知らなかった!わー大人の女性になったー(うれしい発見)特別美人なわけじゃないけど聡明であどけない隙がある顔。
    ブルックリンのエイリッシュめちゃくちゃハマリ役〜〜

    衣装、舞台背景、映像、人物 みんなすきだ。

    女の人みんなくるんくるんのカールがかかった髪型とカラフルでファッショナブルで素敵。サングラスも水着も、シアーシャ・ローナンがスレンダー過ぎないところも良かった。

    イタリア人の彼氏が出来てから意志を持って色んな事がみるみるうちに上手くいくように、それがとっても見ていて清々しく気分が良い。

    愛してるじゃなくあなたが好きあなたと一緒にいたいって言うのエイリッシュだなあ、

    私の心はあなたのそばにある
    お姉さんとの手紙のやり取りが印象的。

    いいタイミング、あの時こうであれば、ってあるよね。戻ってきた故郷のアイルランドでの生活が順調であればあるほどに。

    え記憶喪失?てぐらいブルックリンでのこと忘れてたよね!

    エイリッシュが何年か前の自分と同じような女の子に話しかけるシーン、
    死ぬ程故郷が恋しくなるわ
    でも何とか耐えるしかない大丈夫耐えられるから

    いつか太陽が昇るわ
    すぐには分からないけど光が差すのやがて自然と考えるようになる新しく出会った人のことなんかをあなただけが知る人そして気づくわここに人生があると

    正直話はあんまり入ってこなかったんだけど 故郷を離れて暮らす人の夢と希望を与えるとは思う。いつかまたわたしにもその時がきたら観返したい。
    うとうと
    うとうとの感想・レビュー
    1日
    4.3
    1人の"女の子"が、凛と美しく自律した"大人の女性"へと成長していく物語。

    アイルランドの片田舎の食料品店で、日曜日だけのレジ係として働くエイリシュ。客の身分しか見ていない性悪店主にもほとほと嫌気がさしていた。そんな時、姉のローズの勧めでブルックリンに渡ることに。

    渡米する際の船の中でひどい船酔いに苦しむエイリシュを同室の女性が介抱する。彼女は既にアメリカで暮らしており、船での過ごし方や入国の手解きをしてくれる。
    無事にアメリカの地を踏みしめ新たな生活を始めるも、百貨店の仕事にも慣れずホームシックになってしまう。

    そんな彼女を変えたのが、イタリア系移民のトニーとの出会い。ダンスパーティーで声を掛けられるも警戒心たっぷりのエイリシュ。しかし互いに惹かれ合いこの先も2人で生きていくことを予感していた。そこへ故郷アイルランドより訃報が届く、、

    一時帰国したエイリシュ、久々に再会した母親や親友そしてエイリシュに想いを寄せる男性。故郷の心地よさや懐かしさに、次第にブルックリンに戻ることに対して後ろ向きになっていく。

    しかし、かつて働いていた食料品店の店主に再会したことで自分の居場所を思い出す。"忘れてた、ここはそういう町だった。私の名前は、エイリシュ・フィオレロ"というセリフが印象的。

    アメリカへ戻る船の中、アイルランドから単身アメリカへ渡る少女に助言をするエイリシュ。その姿はかつて自身がアメリカへ渡る時に出会った女性のように自律した大人の女性だった。

    自分の進む道を自分で選択し、その選択に責任を持ち、自分で人生を切り開いていくエイリシュの姿はとても素敵で憧れました。

    エイリシュの外見の変化に関しても、メイクもせず地味な服装な少女から、メイクを覚え鮮やかな服を着て洗練された女性になっていく過程を丁寧に描いており、出てくる衣装全てがかわいかったです。

    とても好きなタイプの1本でした!
    やっほ
    やっほの感想・レビュー
    1日
    4.0
    “しがらみ”の故郷から“新天地”へ…期待感以上に不安・孤独感をどれほど抱えていたことだろう…。“顧客対応”“海水浴”“恋の行方”“船上”など大きな変化が面白く描かれていた。彼を待つ彼女の目はもう未来への“決意”に満ちていた。この“時代”ならではの“色彩”や“空気感”が素晴らしかった…
    >|