ブルックリン(2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:
  • アイルランド
  • イギリス
  • / 上映時間:112分
    監督
    ジョン・クローリー
    脚本
    ニック・ホーンビィ
    キャスト
    シアーシャ・ローナン
    エモリー・コーエン
    ドーナル・グリーソン
    ジム・ブロードベント
    ジュリー・ウォルターズ
    エミリー・ベット・リッカーズ
    フィオナ・グラスコット
    メーヴ・マクグラス
    ノラ=ジェーン・ヌーン
    ジェン・マレー
    イヴ・マックリン
    マイケル・ゼゲン
    メアリー・オドリスコル
    アイリーン・オヒギンズ
    エリカ・ローゼンバウム
    ポーリーノ・ヌネス
    あらすじ
    1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

    「ブルックリン」に投稿された感想・評価

    トニーとその家族がかわいい、8歳の弟も最高
    ああああああすごくよかったああああ。

    最初は地味で大人しくて化粧の仕方もわからない、なにもわからないアイルランドの女の人が、アメリカに行ってどんどん綺麗になって洗練されて自分に自信を持って行くのが本当に良かった。

    最初と同じ人?!って思うくらい最後めちゃくちゃ綺麗です。

    登場人物みんな素敵。トニーも素直でエイリッシュが大好きで本当に可愛い。とにーの家に行くのにも寮のみんなが協力してパスタを散らさず食べる練習のところも好き。
    2016年10月 目黒シネマにて 併映『キャロル』
    静かな映画です。特に何も派手な事件は起きない。
    でも、これは、分かる。過去の自分の他愛のない選択を、いろいろと思い起こされました。
    最初は田舎っ子らしい格好だったけどアメリカでおしゃれを覚えていく過程が丁寧でわかりやすかった。
    パスタを食べるのを練習するシーンも可愛かった。

    トニーいい人すぎるけどジムみたいな人にはやっぱりちょっと惹かれる。
    50sファッションが好きなので見ていて楽しかったです。
    田舎から出て来て都会で一人暮らしをした経験のある人なら感情移入してしまいます。初めての土地で知り合いはおらず、新生活にも慣れずに、家族と電話して「今日は〜したよ」等という報告に寂しくなってしまう、涙が出る場面がたくさんありました。
    故郷は好きだけれど人と人との繋がりが強い分、皆噂好きで、それが嫌で、「そうだ、ここはそういうところだった」と気づく気持ちも少しわかります。
    一人暮らしを始めた頃を思い出してボロボロと泣いてしまいました。
    雰囲気、色合いなどはとてもいいのだけど、内容は私はイマイチでした。

    主人公の魅力がわからない!
    なんかちょっと暗いし、沢山の人が助けてくれてることに対して感謝が足りないような。まあ誠実で真面目なんだろうなとは思ったのですが。
    しかしー!!故郷に帰ってからの振る舞いは誠実さなくね??男心もてあそんでない?それにイチイチ、「アメリカでは〜」感を出してる気がして(笑)なんかズルズルこのまま残るのかと思いきや、嫌がらせを受けて目が醒めるっていう。。。

    自分の居場所ができるまでがしんどいけど、できちゃえば住めば都でどこでもやってけるってことでした。
    大事な人さえいたら見える景色はどんどん変わってくるもんやなぁ〜
    いつか実家を離れることになったらまた観ようと思った。
    女性に野球の話をしないイタリア人は信用できるね、トニー
    >|