ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

トニーとその家族がかわいい、8歳の弟も最高
WAKASAMA

WAKASAMAの感想・評価

3.5
故郷を離れ、新天地での人生。

良く表現出来ている作品です
やぶ

やぶの感想・評価

3.7
簿記はワールドワイド
純情アバズレ海を渡る
2017.08.23
DVDレンタル字幕版にて観賞。

お洋服や世界観はすごく好き。
ロングスカートにブラウス、カーディガン…素敵です。
ただ、話の内容は…ん?
ブルックリンに住んで、慣れない生活をするのは大変だけど。
故郷に帰って不倫?心を奪われちゃうのはどうかと思う(笑)
狭い街ってすぐ噂が飛び交うのが怖いなぁ…。
今年の1月に2回目のNY旅行で、初めてブルックリンを訪れた。シティと川を挟んですぐ隣なのに、そのには純情な人々の感性と、これまでの歴史が息づいていた。

悲しみと希望を胸にアイルランドからアメリカ・ニョーヨークへと渡った主人公エイリッシュの、新生活の輝きと苦労を優しい目線で綴った本作。アメリカで今尚問題となっている移民を題材にしているが、声高に社会的メッセージを打ち出す映画ではない。あくまでも主人公エイリッシュのパーソナルなエピソードにフューチャーしながら、ただその周りにはいろんな歴史的・社会的背景がベースになっている。

アイルランドを象徴するグリーンが、主人公のアイデンティティと故郷への尽きぬ思いを表し、それが少しずつ変化していくなど、色を使った画面構成とその意味づけがさりげなく印象に残ってうまい。当時のアイルランドとブルックリンの情景も忠実かつ魅力的に再現されていて、鑑賞していて気持ちいいくらいに映像も音楽もセンスが良かった。

きっと人によって見方は変わるけれども、単純に楽しむことも、深読みしていろんな意味を考えることもできる、映画としてまさに名作でした。
なにこの映画めっちゃすき!
ファッション、音楽、世界観、構図全部いい
またみたい
恋愛映画とはまた一味違う
心温まるけど、どこかで寂しさも感じさせる
sugar7121

sugar7121の感想・評価

3.5
NHK朝の連続ドラマに相通じる雰囲気がある。
20世紀中頃、閉鎖的なアイルランドの街からブルックリンへの進出を決めた女性の成長物語。

最初のうちはホームシックに苛まれ、仕事も奮わなかったが、恋人が出来たことを皮切りに軌道に乗るようになる。

恋愛は潤滑油だ。
強かに逞しく成長し、垢抜けていく主人公の姿は清々しく、気持ちよかった。

その反面、主人公の優柔不断さには些かの苛立ちを覚える。
きっとこの辺りが朝ドラっぽさの由縁に違いない。
内緒で国際結婚したことをバラされて逆ギレする件にはまったく共感できなかったのだけど、それは私の経験が足りないのだろうか。
りま

りまの感想・評価

3.9
おしゃ系だろう~と思ってみたら、割と社会派でした

は~パリ行きたいブルックリン行きたい



46
>|