ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
人生の選択についての映画
50年代のアイルランドからNYへの移住はきっと私達が思ってるより楽じゃない。飛行機は高価でまだまだ大衆化されてなくて北大西洋を横断する長い航海に耐えなくちゃならないし一度行ったら帰れないことだってある。
そんな中で一人異国へ渡り生活する不安は計り知れない。

緑はアイルランドの色。
そこからだんだんどNYに馴染んで洗練されていくエイリッシュの姿が美しい。
葛藤しながらもいつかはどこかで決断しなくちゃいけない。
決断することは成長することなんだ。

アイリッシュミュージックは心地良いし50年代アメリカのファッションも街並みもお洒落で見ていても楽しい。新しく出会う人たちがみんな素敵な人たちでほっこり。
生まれ育った故郷を出て新しい土地で生活した経験のある人なら共感できる部分があるのでは。また、これから新しい環境で生活する方もちょっとだけ勇気をもらえる映画だと思います。
m

mの感想・評価

4.5
レトロな服、レトロな街並み全てが可愛かった。

このレビューはネタバレを含みます

くそババアの部屋の内装がとても素敵だった。
birds

birdsの感想・評価

3.9
まさにシンデレラストーリーでした(^◇^)
karaf

karafの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

女性と男性で大きく意見が割れる映画。
一緒に見た女性は自分がブルックリンで育てられ、まだ田舎者の自分と共に成長した彼か、アイルランドにステキになって戻ってそこで出会ったいい男かという迷い。そして母のために結婚するかなど女性の悩みが素晴らしく描かれてると感動していた。

ただ男性目線から言わせればただの自分の都合で男を振り回すクソ女に見えた。

母親の機嫌取りに利用された男はたまったもんじゃないし、旦那がいることを言わないし指輪外してるのは遊びたいとしか思えない。

昔働いてた嫌味おばさんに結婚したことバレてから焦って帰ってるのを見ると逃げてるような印象も受けられる。

立ち位置の見解でこうも意見が分かれる映画も珍しい。

久々にそういう意味で楽しめた。

作品自体好きになれなかったが

特にラストの嘘くさいライティングが気になった
R

Rの感想・評価

3.7
お姉さんからの手紙を読んで泣くシーンに
最近の自分と重なるところがあって
すごく共感して泣けた。

でもどんどん強くなって
自分の目標に向かって進んだり、
その土地で楽しんでいる主人公が
すごく輝いてて 素敵だった。

居場所を作るってってすごく大事なんだな〜〜
揺れ動く女心が溢れでて、共感せずには居られない。人生は選択の連続である。
タカミ

タカミの感想・評価

2.5
居場所がないとか、ここじゃないとか思ってしまうけど。居場所というものは、自分が作った場所を指すのかも知れない。作らないと。だね。
キイロ

キイロの感想・評価

3.3
途中でアイルランドに帰るまで、このままハッピーエンドだったらいいなぁと思って観てたのだけど、後半に向かってアレレ💦となって共感しづらくて、最後は、あぁこうなって良かったなと。

ヤッターじゃなくて、ホッとして終わる作品でした。
きつね

きつねの感想・評価

4.0
シアーシャローナンの瞳がとても綺麗な色をしていた。

忘れる、忘れたふりをしないと前に進めないことがある。
それでいて、忘れた頃にまた前に進むためにはまた思い出さないといけないことがある。
>|